松本若菜“美月”の過去と真実が明らかに『復讐の未亡人』

公開: 更新:

松本若菜が連続ドラマ初主演を務める『復讐の未亡人』(テレビ東京、毎週木曜26:35~)の第5話が、8月4日に放送される。

本作は、Netflixでオリジナルドラマ化もされた『金魚妻』で話題の人気漫画家・黒澤Rの同名漫画が原作。主人公の鈴木密/美月(松本)が、夫・優吾(平岡祐太)を死に追いやった職場のターゲットたちに素知らぬ顔で近づき、真相を探りながら巧妙な罠を仕掛ける密の復讐劇だ。

前回の第4話では、密と同僚の斎藤真言(桐山漣)は、橋の上から飛び降りようとしている少女・勝浦凜(浅田芭路)と遭遇し、保護する。密は、その少女に復讐のイロハと極意を伝授しあるものを渡した。

<第5話あらすじ>
新たな進展が無い中・鈴木密(松本)はシャワー越しに、夫・優吾(平岡)の双子の弟で探偵の陽史(淵上泰史)と、22年前の幼い頃を振り返っていた。

幼馴染だった3人。当時、密=美月は母・薫(信川清順)の連れてきた継父・村神圭一(森岡豊)からの度を超えた溺愛に苦しみ、母からも憎まれていた。そんな美月を守るため幼い陽史は、お守りとして小瓶を手渡す。密=美月と陽史2人だけの秘密、過去と真実が明らかに……。

PICK UP