山崎紘菜“陶子”の本名が判明!EXILENAOTO“亮介”との「キラキラ」シーンも

山崎紘菜“陶子”の本名が判明!EXILENAOTO“亮介”との「キラキラ」シーンも

山崎紘菜北乃きいがW主演を務めるドラマ『汝の名』(テレビ東京系、毎週火曜24:30~)の第2話が、4月12日に放送。山崎演じる麻生陶子に纏わる真実が明らかとなった(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマの原作は、「輪(RINKAI)廻」で第7回松本清張賞を受賞した明野照葉の同名作で、ひた隠しにされている女の感情の「負」が惜しげもなく散りばめられた新感覚ホラーサスペンス。

ある夜、陶子の家にやってきた、謎の女(長井短)。女は陶子を“里矢子”と呼び、「これまでの秘密を黙っているから」と、陶子に金を無心する。

女の本名は、麻生陶子。三年前、現在の陶子こと“三上里矢子”が、人材派遣会社オーナー・河島宏治(眞島秀和)の用意した会社の代表へ就任するにあたり、借金を抱えていた“麻生陶子”の戸籍を使い、本人になりすましていたのだ。

また女がやってくることを恐れる妹・久恵(北乃)に、陶子は「弱者は強者に搾取されるようにできている」と微笑む。

一方、不動産屋から自分が借りている部屋の更新料の請求書が届き、居場所を失う恐怖に震える久恵。ある日、道端でうずくまるひとりの松谷継子(茅島成美)に遭遇する。久恵は継子を介抱し、家に招かれるが、ふとしたすきに彼女が持つ大量の通帳を目撃。よからぬ誘惑に胸をざわつかせる。

ネット上では、北乃演じる久恵の窮地を思わせる展開に、「やばそうだな」「通帳を見て変な気を起こさないで」と、ハラハラする声が。

また、陶子が打ち合わせに訪れたホテルのカフェで、ホテルグループの御曹司・壱岐亮介(EXILENAOTOEXILE三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)と運命的な出会いを果たすシーンでは、「ここだけキラキラしている」との声があるなか、「逃げてー!」と亮介の身を案じる声もあがっていた。

次回、第3話は4月19日に放送。亮介に心酔した陶子は「一緒に住む」と久恵に告げ、久恵を家から追い出そうとする。

PICK UP