松本若菜“密”、桐山漣“斎藤”と夫が死ぬ直前に会っていたと知り…

松本若菜“密”、桐山漣“斎藤”と夫が死ぬ直前に会っていたと知り…

松本若菜が連続ドラマ初主演を務める『復讐の未亡人』(テレビ東京、毎週木曜26:35~)の第6話が、8月11日に放送される。

本作は、Netflixでオリジナルドラマ化もされた『金魚妻』で話題の人気漫画家・黒澤Rの同名漫画が原作。主人公の鈴木密/美月(松本)が、夫・優吾(平岡祐太)を死に追いやった職場のターゲットたちに素知らぬ顔で近づき、真相を探りながら巧妙な罠を仕掛ける密の復讐劇だ。

前回の第5話では、密/美月と優吾の双子の弟・陽史(淵上泰史)の秘密が明らかに。幼馴染だった美月と優吾と陽史だが、美月を養父から守るため陽史はお守りとして小瓶を手渡し……。

<第6話あらすじ>
鈴木密(松本)は、夫・優吾(平岡)が屋上から飛び降り自殺する直前の様子を同僚の斎藤真言(桐山漣)から聞き出していた。

斎藤は自分のせいで優吾が自殺したと、今でも悔やんでいたが、実は別の人間がその場にいたのではないかという新たな疑惑が生まれる。真実を探るため、屋上に足を運んだ陽史(淵上)は、優吾とのある約束を思い出し……。

一方、中途採用で入社してきた山下晴菜(小林涼子)は斎藤に思いを告げるが、斎藤と密のただならぬ関係を察知し……。

PICK UP