松本若菜“密”、桐山漣“斎藤”は夫の仇か?探りを入れに…

公開: 更新:

松本若菜が連続ドラマ初主演を務める『復讐の未亡人』(テレビ東京、毎週木曜26:35~)の第4話が、7月28日に放送される。

本作は、Netflixでオリジナルドラマ化もされた『金魚妻』で話題の人気漫画家・黒澤Rの同名漫画が原作。主人公の鈴木密/美月(松本)が、夫・優吾(平岡祐太)を死に追いやった職場のターゲットたちに素知らぬ顔で近づき、真相を探りながら巧妙な罠を仕掛ける密の復讐劇だ。

前回の第3話では、偶然を装い社長・若月勇(前川泰之)と親しくなり、罠にはめた密のしたたかさに、ネット上では「美しさが増してる」「綺麗なだけに怖い」といった反響が寄せられていた。

<第4話あらすじ>
秘密裏に社長をも追いだすことに成功した鈴木密(松本)。

開発部に山下晴菜(小林涼子)が入ってきた
開発部に山下晴菜(小林涼子)が入ってきた

開発部に山下晴菜(小林涼子)が新たに加わり会社は一掃されたかに思えたが、義弟で探偵の鈴木陽史(淵上泰史)の情報で、夫・優吾(平岡)が自殺した日、最後に会っていたのは同僚の斎藤真言(桐山漣)だった可能性があると聞かされる。

蜜の夫・優吾の双子の弟であり探偵の鈴木陽史(淵上泰史)
蜜の夫・優吾の双子の弟であり探偵の鈴木陽史(淵上泰史)

そうした中、密と斎藤は歩道橋から飛び降りようとする少女・凛(浅田芭路)を保護する。密は凛と自分の過去と重ね……。

画像ギャラリー

PICK UP