大橋和也“福田”、消しゴムをくれた女子への告白作戦の行方は…?

大橋和也“福田”、消しゴムをくれた女子への告白作戦の行方は…?

大橋和也なにわ男子)が主演を務める⽇本テレビ深夜ドラマ「シンドラ」の 『消しゴムをくれた女子を好きになった。』(日本テレビほか、毎週月曜24:59~/Hulu・TVerでも配信)が、7月25日よりスタートする。

同ドラマは、実話に基づく、笑いあり涙ありの13年間の青春ラブストーリー。大橋が、連続ドラマ単独初主演を務め、中学生から社会人までを演じ切る。大橋のほか、藤原丈一郎(なにわ男子)、小島健Aぇ!group関西ジャニーズJr.)、福地桃子らが出演する。

ドラマの主題歌を担当するなにわ男子の面々が、どこよりも早く第1話を鑑賞する「第1話直前特別企画☆なにわ男子による『消し好き』最速鑑賞会!Part2」の配信がスタート。MCを大橋、藤原が務め、西畑大吾大西流星道枝駿佑高橋恭平長尾謙杜が忖度無しで第1話をぶった斬る。

「男子トイレからあのスーパースターが……(大西)」「あんなシーンは今まで(経験したことが)無かった……(藤原)」など、メンバー同士だからこそ語り合える目線、裏話を大放出! さらに、大橋・藤原からは現場で小島が犯した重大ミスを暴露。そのメイキング映像も公開する。西畑が笑った藤原演じる板倉和希のマル秘台詞や、現場でもいじられ続けた衣裳についての裏話も。そして、長尾が「ここ、ここッ!」と推したシーンにメンバー全員が納得。なにわ男子全員が推すポイントとは?

そして、番組公式グッズの発売が決定。詳しくは、「日テレ屋web」でチェック!

<第1話あらすじ>
「暇な人は聞いてくれ。これは俺の13年間の恋の話」。

福田悠(27/大橋)は13年間にも及ぶ“片思い”の顛末をチャットに書き込んだ。始まりは13年の春。中学2年生の福田は、シャーペンの芯を切らして困っていた隣の席に座る伊藤さとみ(福地)に1本わけてあげた。するとお礼に半分に割った消しゴムを差し出し「ありがとう」と笑顔を見せた。福田は一瞬にしてさとみに心を奪われた。

ちょっと天然なさとみとお近づきになりたいと思いながらも「彼女なんていらねーし」と厨二病を絶賛発動。チャンスはなかなか訪れない。片割れの消しゴムを大事にしまったまま、あっという間に1年が経過。くじ引きで文化祭のステージ発表を任されることになった福田とさとみ。ドキマギの福田は親友の板倉和希(藤原)、一度も喋った事はないが断らなそうな森友彦(小島)を巻き込み、慣れない女子との発表練習に励みつつ、密かにさとみへの告白の機会を伺っていた。

すると板倉の策により2人きりで買い出しに行くことに! 願ってもないチャンスが訪れるのだが……。

PICK UP