道枝駿佑“拓”と別れた広瀬アリス“佐弥子”、自分の進みたい道が分からなくなり…

公開:
道枝駿佑“拓”と別れた広瀬アリス“佐弥子”、自分の進みたい道が分からなくなり…

広瀬アリスが主演、道枝駿佑なにわ男子)が共演する火曜ドラマ『マイ・セカンド・アオハル』(TBS系、毎週火曜22:00~)の最終話(第10話)が12月19日に放送、および民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

本作は、やっかいな問題を抱えた30歳の主人公が、謎の大学生の一言をきっかけに学び直しを決意して大学生となり、令和の大学生たちに揉まれながら恋に、勉強に、夢に奮闘するセカンド・アオハル・ラブコメディ。現在TVerでは、第1話~第3話、ダイジェストなどが配信中。

先週放送された第9話は、白玉佐弥子(広瀬)から別れを告げられた小笠原拓(道枝)が「言っとくけど、絶対別れてやらないからな」と言うシーンに、ネット上で反響が。「最高かよ!?」「破壊力よ……!」「キュンキュンからの絶望がすごい回」といった声が見られた。

<最終話あらすじ>
日向祥吾(安藤政信)に抱きしめられる姿を小笠原拓(道枝)に見られ、困惑する白玉佐弥子(広瀬)。一時帰国で戻るところだという拓と短い会話を交わし、拓は出国ゲートの方へと去って行くが……。

卒業が目前に迫る中、内定をもらった大手設計事務所の内定者懇親会に出席するも、佐弥子は自分がその会社で働くイメージが持てないと落ち込んでいた。

白玉佐弥子(広瀬アリス)
白玉佐弥子(広瀬アリス)

そんな中、気分転換をしようと思い出の場所に立ち寄った佐弥子は、思いがけない人物に遭遇し……!? さらに、卒業設計に躓き、教授から厳しい言葉をかけられて自分の進みたい道が分からなくなってしまう。

そんなある日、佐弥子はたまたま見かけた子供向け建築模型のワークショップで建築士の折戸基子と出会うのだった。30歳で学び直しを決意して大学に入り直り、4年間の大学生活を経て新たに社会に出る佐弥子は果たして自分らしい幸せを掴むことができるのか――!?

画像ギャラリー

PICK UP