竹財輝之助、音楽番組のP役で『パリピ孔明』出演!「小者感が皆さまに伝わるよう演じました」

公開:
竹財輝之助、音楽番組のP役で『パリピ孔明』出演!「小者感が皆さまに伝わるよう演じました」

竹財輝之助内藤秀一郎七海ひろきDJ KOOQUEENDOMが、11月8日に放送される『パリピ孔明』(フジテレビ系、毎週水曜22:00~)の第7話にゲスト出演する。

本作は、中国三国時代の天才軍師・諸葛孔明(向井理)が現代の渋谷に若かりし姿で転生し、歌手を目指す一人のアマチュアシンガー・月見英子(上白石萌歌)のために、魔法のような作戦を考えては、彼女の前に立ちはだかる壁を軍師のごとく切り崩し、成功に導いていくサクセスストーリー。原作は、累計発行部数160万部突破の「ヤングマガジン」(講談社)にて現在も連載中の大人気コミック。

竹財が演じるのは、英子に「ゴールデンの特番で、新人枠のシークレットゲストとして出演してほしい」とオファーを持ちかけにくるテレビ番組『ミュージックバトラー』のプロデューサー・高井戸。しかし、急なオファーに英子の軍師(マネジャー)である孔明は、何か裏があるのではと怪しみ、ボウリング場にいた高井戸に接触し、「(高井戸が)勝ったら、英子をノーギャラで番組に出演させる」というボウリング勝負を持ちかける。

内藤が演じるのは、関口メンディー演じる歌って踊れるスーパーアーティスト・前園ケイジのマネジャー・夏目。ケイジ同様、普段から短いショートパンツに黒いジャケットを着用している。

七海が演じるのは、菅原小春演じる人気シンガー・ミア西表が所属するレーベルの社長・山野。ミアの顔を売っていきたい山野と、歌で勝負したいと思っているミアは、それぞれ意見が合わず、ぶつかってしまう。

DJ KOOが演じるのは、大手レーベル「V-EX」のパリピな音楽プロデューサー・浩瀬。あることがきっかけで、孔明やミアたちと出会う。そしてQUEENDOMは、テレビ番組『ミュージックバトラー』の出演アーティストとして本人役で出演する。QUEENDOMは、男女混成ダンス&ボーカルグループ・lol(エルオーエル)からhibikimoca、女性5人組ダンス&ボーカルグループ・FAKY(フェイキー)からAkinaとTaki、男女7人組ダンス&ボーカルグループ・GENIC(ジェニック)から金谷鞠杏の5人が参加する、TVアニメ『パリピ孔明』のために結成されたスペシャルユニット。

<竹財輝之助 コメント>
――本作の出演を受けて(撮影で印象に残っていることなど)。

大好きな原作なので出演できて光栄でした。ボウリング好きでちょっと嫌な小者の音楽番組プロデューサーなので小者感が皆さまに伝わるよう演じました(笑)。そして、共演させて頂いた向井さんの孔明がピッタリで美しく、そしてデカイ(笑)と思いました。ボウリング場のシーンは、次の日に腕が上がらないほど真剣に投げ込みました。

――視聴者の皆さんへメッセージ。

小者な嫌なやつをクスクス笑いながらご堪能頂ければと思います。登場人物全員がキャラが濃いなか、高井戸は薄いので皆さん探してみてください!

<内藤秀一郎 コメント>
――本作の出演を受けて(撮影で印象に残っていることなど)。

『パリピ孔明』は僕自身、アニメを見ていた作品だったので、出演が決まった時はうれしかったです! 自分が演じる夏目は、関口メンディーさん演じる暴れん坊のケイジとどう絡んでいくのかとても楽しみでした。メンディーさんとは初共演なのですが、初日からたくさんお話ししてくださって、さりげなく飲み物も買って頂いて、一瞬でほれました! 撮影中、僕たちはとても短い短パンを履いています(笑)。僕は恥ずかしかったのですが、メンディーさんは堂々と短パンを着こなしていて、とてもカッコよかったです!

――視聴者の皆さんへメッセージ。

見どころ見ごたえたっぷりな今回の作品で、僕も体を張りながら(?)頑張っています! 特に後半のケイジとのシーンは、現場にいる時から自分でもクスクス笑っていたので、最後までしっかり見て頂けたら幸いです! 是非、ご覧下さい!!

<七海ひろき コメント>
――本作の出演を受けて(撮影で印象に残っていることなど)。

お声がかかると思っていなかったので、とてもうれしかったです! カッコイイ女社長と聞いていたので、女性物のスーツ似合うかな……と思っていたのですが、衣装合わせの時に想像を越えていて驚きました。山野を演じるにあたり、あのミアと渡り合う人物なので芯の強さや威厳を表現できればと思い演じました。以前から、ミア役の菅原さんのパフォーマンスに憧れていたのでお会いするのが楽しみでした。芝居中のオーラと迫力に圧倒されていたのですが、カメラの回ってないときはとてもフレンドリーでステキな笑顔に、私だけでなく現場スタッフの皆さんもとろけていたのが印象に残っています。

――視聴者の皆さんへメッセージ。

魅力的なキャラクターがたくさん登場し、パフォーマンスや音楽もかっこよく、週の半ばにテンションを最高に上げられるドラマです。そんな中で、私もパリピなエッセンスをお届けしたいと思います。お楽しみに!

<DJ KOO コメント>
――本作の出演を受けて(撮影で印象に残っていることなど)。

待ってましたDO DANCE!! 現役パリピDJとしてはどんな役でも良いので出演させてほしいと熱望していました。フジテレビの連続ドラマに出演させて頂いたので、Wikipediaに“俳優”と付け加えちゃおうかと思いました(笑)。チャラいキャラクターの中にも“音楽愛”を注ぐ気持ちでやらせて頂きました。ただ、DJ KOOがどこまで出てきてしまったか……。そして、最初のカメラテストから僕の台詞終わりで、向井さんがアドリブで一言“カオス”と現場でツッコみ大爆笑!! そこから、ミア役の小春ちゃんも僕の台詞にツボって毎回大爆発DO DANCE!!

――視聴者の皆さんへメッセージ。

CLUBカルチャーから夢をかなえるワクワク計略満載サクセスストーリー!! こんな音楽プロデューサーがいたら絶対ヤバいけど楽しい浩瀬!! 皆さんにテンション上がってもられたら最KOO DO DANCE!!

<QUEENDOM(hibiki代表コメント)>
――本作の出演を受けて(撮影で印象に残っていることなど)。

『パリピ孔明』のアニメだけではなく、ドラマの方でもこのような形で関わらせて頂けることが素直にうれしく思います。家族からも“ドラマにも出るの?”と連絡があったりもしたので、出演する報告をしたら、私以上に母親が喜んでいました。撮影はドラマ撮影というよりも音楽番組の撮影のような雰囲気でした。そのおかげで緊張することもなく、いつものパフォーマンスができたと思います。

――視聴者の皆さんへメッセージ。

私自身も『パリピ孔明』のドラマの放送が待ち遠しく、とても楽しみにしています。みんなでテレビの前で孔明さんと英子ちゃんを見守りましょう!

画像ギャラリー

PICK UP