津田健次郎“本宮”の妨害で田中圭“朝陽”の自宅の酒蔵がオケ練習場所に!?

公開:
津田健次郎“本宮”の妨害で田中圭“朝陽”の自宅の酒蔵がオケ練習場所に!?

門脇麦が主演を務める水曜ドラマ『リバーサルオーケストラ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第5話が、2月8日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同番組は、元天才ヴァイオリニストで超地味な市役所職員と変人マエストロの最強(!?)の2人が、ポンコツ交響楽団(オーケストラ)を一流オケに大改造!? 爽快感バツグンの音楽エンターテイメントドラマ。現在TVerでは、第1話~第3話が延長配信中。

前回第4話では、「児玉交響楽団(玉響)」メンバーの​​桃井みどり​​(濱田マリ)が、オケと家庭との両立に悩む姿が描かれた。娘・亜美(凛美)が受験ストレスで倒れたことをきっかけに休団することを決めるが、大好きな音楽を簡単に休むことに憤りを感じた娘からは「やっぱ適当なんじゃん!」とぶつけられる。その後、休団を前に出張オケをすることが決まるが、その出張先は娘のいる高校で……。

第5話では、永山絢斗演じる人気ヴァイオリニスト三島彰一郎の父親にして世界的マエストロ・三島光太郎役として加藤雅也の出演が決定。多忙を極める2人が久々に自宅で顔を合わせる。一流音楽一家である光太郎と彰一郎は、今後どういった形で“児玉交響楽団”と関わっていくのか?

<加藤雅也 コメント>

今まで指揮者(マエストロ)の役を演じたことがなく、お話しをいただいた時、「また新しい役を演じることができる!」という新しい喜びがありました。しかし、マエストロという役を考えた時に「指揮者って何をするんだろう?」という疑問がすぐに浮かびましました。「指揮者とは?」何をする仕事なのかを調べ、世界的マエストロと呼ばれている人たちの映像を見続けて三島光太郎を作り上げました。凄く悩んだ役柄でしたが、楽しんで演じることができています。視聴者の皆様の目にどのような役に映るのか、それがとても楽しみです。

<第5話あらすじ>
谷岡初音(門脇)は、常葉朝陽(田中圭)とやけに親しい後藤かおり(相武紗季)の出現に驚きながらも、来月の定期演奏会に向けてチャイコンの練習に励む。しかし、納得のいく演奏がなかなかできない。

そんな中、「児玉交響楽団(玉響)」に緊急事態が発生。本宮雄一(津田健次郎)の妨害で、いつもの練習場が使えなくなってしまったのだ。急きょ朝陽が用意した練習場所は、まさかの自宅・常葉酒造の酒蔵だった。

朝陽は、10日後のバレンタイン・ガラコンサートへの参加を表明。しかも演奏曲は練習してきたチャイコンではなく、戸惑う初音。果たして朝陽の思惑とは?

画像ギャラリー

PICK UP