King & Prince平野紫耀、リンボー対決で驚異の柔軟性を披露「本物の銃弾だと思えば」

King & Prince平野紫耀、リンボー対決で驚異の柔軟性を披露「本物の銃弾だと思えば」
最新エピソードを無料視聴

11月12日に放送されたKing & Prince平野紫耀永瀬廉高橋海人岸優太神宮寺勇太)の冠バラエティ『King & Princeる。』(日本テレビ、毎週土曜13:30〜※関東ローカル)で、平野が抜群の柔軟性を見せた。

今回は、ハリウッド俳優のキアヌ・リーブスが名作で見せたシーンにメンバーが挑戦する企画「キアヌ・リーブス選手権」に挑戦。最初の種目は「弾丸リンボーチャレンジ」。VFX(ビジュアル・エフェクツ)×アクションの融合で映像革命を起こした映画『マトリックス』の名場面にならって、メンバーはバーに刺さった弾丸を体をのけぞりながら避ける。

まず1mの高さから挑戦。トップバッターの神宮寺が「二重あごになる恥ずかしささえ捨てれば大丈夫です」と突破すると、平野、岸、高橋も続いた。永瀬は早々に失格。「ごめんなさい。ちょっとモッコリが気になっちゃって」と独特な言い訳をした。

弾丸バーが一気に70cmに引き下げられると、神宮寺が失敗。「耐えられなかった。もうちょっと粘ってたらイケたんすよね」と悔しそうに語った。岸は挑戦前から、「ちょっと無理だと思いますっていうのが本音です」と及び腰だが、まさかのクリア。しかし、膝を床に着いていたため、失格となった。平野はクリア。スローモーションの映像でリプレイされると、「こんな風になってたんだ、俺」と、自分に感心した。高橋も同じく突破。すでに出番を失っていた永瀬が劇団ひとりから、「廉くんもやってみる? 暇でしょ?」と声をかけられると、エキシビションで挑戦することに。すると成功してみせ、敗者復活から参戦枠に返り咲いた。

さらに、2Lペットボトル2本分とほぼ同じ高さの60cmに挑戦。平野は、「急激に自信なくなりましたね。キアヌより低いですよね」と不安を募らせたが、成功。「本物の銃弾だと思えば」とコメントして、笑わせた。続いて高橋も成功。2人はラストの50cmに挑戦するが……。

次回は11月19日に放送。平野がハウスクリーニングの仕事に挑戦する企画と「日本語禁止English Cooking」の2本立て。

PICK UP