木村拓哉“桐沢”がパンチ一閃…アクションシーンに胸熱「痺れた」​​

木村拓哉“桐沢”がパンチ一閃…アクションシーンに胸熱「痺れた」​​
最新エピソードを無料視聴

木村拓哉主演のドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第5話が、5月12日に放送。ネット上では、木村演じる桐沢祥吾の本気のアクションシーンに大きな反響があった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、これまでに『HERO』『CHANGE』(ともにフジテレビ系)で木村とタッグを組んだ福田靖のオリジナル脚本。生きる希望を完全喪失している男・桐沢が、図らずも高校ボクシング部のコーチになったことで徐々に熱を取り戻し、再生していくさまを描く。

インターハイ予選。先陣を切った伊庭海斗(高橋海人)が惜敗し、ほかの部員も一回戦で姿を消す中、唯一水野あかり(山田杏奈)​​だけが勝ち上がった。しかし、2回戦で京明高校​​に負けてしまう。

大会後、打倒京明に燃える校長の大場麻琴(内田有紀)は「桐沢さんにはボクシング部を辞めてもらいます」と言い放つ。彼女曰く、もっといい人材を探して指導してもらうという。折原葵(満島ひかり)は、必死に抵抗するが、桐沢は「コーチ辞めたらここにいる理由なんてないし、講師もクビだろ」と、すんなり受け入れた。

部員に愛情や思い入れはないのかと激怒する葵。網膜剥離になってボクシングを辞め、妻に先立たれ、焼き鳥屋もなくなった。そして今度はコーチの仕事まで……。大切なものを簡単に手放してもいいのかと涙を流して訴えるが、桐沢は「そういう人生なんで」と返答した。

コーチを辞めることについて、部員にも報告。みなが止める中、特に真面目な1年生・江戸川蓮(櫻井海音)が反応。「僕は強くなりたい!」と続けてほしい旨を伝えてきたが、もう決まったことだと返した。

桐沢と入れ替わるように、部内では、甲斐誠一郎(安田顕)​​が新コーチに、そして大阪から経験者の1年生・西条桃介(村上虹郎)​​が転校してくるなど、大きな動きがあった。

そんな中、江戸川が行方不明になってしまう。彼は、半グレの先輩になかば監禁される形で大金をまきあげられていた。事情を聞いた桐沢は、江戸川を捜索。拠点を突き止め、4人の男がいるところから助け出すが、男たちが攻撃してきた。桐沢は、パンチで相手を次々と倒し、ナイフをもった相手にも、フットワークを使ってボディを食らわせた。

騒動解決後、桐沢がコーチと非常勤講師の仕事に復帰することに。ある日、ピザのデリバリーをしていると、最愛の妻・史織(波瑠)とうりふたつの女性と出会って……。

ネット上では、桐沢のアクションシーンに「痺れた」「最高」「カッコよかった」とのコメントがあった。

次回は5月19日に放送。麻琴が、京明高校との練習試合を取りつけてくる。