竹内涼真『梨泰院クラス』日本版『六本木クラス』で主演!

竹内涼真『梨泰院クラス』日本版『六本木クラス』で主演!

竹内涼真が、韓国ドラマ『梨泰院クラス』のリメイク版で東京・六本木を舞台にストーリーが展開する木曜ドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系、7月スタート、毎週木曜21:00~)で主演を務めることがわかった。

2020年1月から3月に韓国で放送され大ヒットを遂げ、2020年3月よりNetflixで配信されると日本でも大ブームを巻き起こした韓国ドラマ『梨泰院クラス』。絶望の淵に立たされた青年が復讐を誓って、金と権力を振りかざす巨大企業に屈することなく仲間と共に立ち向かっていく下剋上を主軸に、ラブストーリーそして青春群像劇が交錯した“究極のエンターテインメント”は、配信から2年経った現在まで常にNetflixで「TOP10」に君臨している。さらに芸能界でもハマる人が続出。SNSなどでその熱い思いを語るなど、まさに日本中を熱狂の渦に巻き込んだ。そんな類を見ない異例の大ヒット作を、日韓共同プロジェクトでリメイクすることが決定! 東京・六本木を舞台に、これまで数々の話題作で主人公を演じてきた竹内を主演に迎えてジャパン・オリジナルの『六本木クラス』として、木曜ドラマ枠で7月より放送される。

本ドラマの原作は『梨泰院クラス』の漫画原作を日本の設定に置き換えて翻案された、漫画「六本木クラス」。そのドラマ化は「日韓共同プロジェクト」として、原作漫画の作者でドラマ『梨泰院クラス』の脚本も担当したチョ・グァンジンや演出を担当したキム・ソンユン監督をはじめ、ドラマを制作したSLL、原作漫画の版元であるカカオエンターテインメント、その子会社で現在大ヒット中の「社内お見合い」を制作したクロス・ピクチャーズ(Kross Pictures)という、錚々たるチームの協力のもと実現。原作者のチョ・グァンジンは日本でのドラマ化に「とても嬉しく、楽しみにしております」と喜び、なんと直筆日本語メッセージで応援!

テレビ朝日

そんな強力タッグのもと、本家にも劣らぬ壮大なスケールの今作は、連続ドラマとしては異例となる六本木での大規模撮影にも挑む。圧倒的な映像と共に、日本で新たに誕生するドラマ『六本木クラス』で、この夏、熱狂と感動を届ける。

竹内が演じるのは、復讐を誓って絶対権力者に立ち向かう宮部新。新は、日本最大の巨大外食産業「長屋ホールディングス」の跡取り息子が引き起こしたある事件により、絶望の淵に立たされる。この跡取り息子に罪を償わせること、そして息子のために強大な権力を駆使して事件を揉み消した長屋ホールディングス会長に「土下座して罪を償わせる」こと……そんな復讐が人生の目標になり、父から教えられた信念を持って貫くことを胸に、突き進むことに。

竹内はこれまで数々の話題作に出演し、中でも近年の主演作『テセウスの船』(2020年)や『君と世界が終わる日に』(2021年)は高く評価され、その実力を広く知らしめた。爽やかな役からワイルドな役、シリアスな役まで変幻自在に演じ、また年齢を重ねるとともに重厚感や色気も加わり、実に幅広い作品で活躍する竹内だが、『六本木クラス』の主演が決まった時は意外にも驚いたそう。「『梨泰院クラス』が話題になっていたのはもちろん知っていましたし、僕も見ていて本当に素晴らしいドラマだと思っていたので、お話をいただいた時はびっくりしました」と語りつつも、「舞台を東京に変えてリメイクできることはすごいことですし、僕を選んでいただけたことも光栄ですので、全力で頑張りたいです」と意欲をにじませる。それを表すように、今は“宮部新”という役をじっくり「丁寧に作り上げている途中」だという。

役を作る1つの要素として、今回竹内は髪型も一新。「ヘアスタイルについてはスタッフのみなさんといろいろ相談をしました」と言い、『梨泰院クラス』の主人公、パク・セロイのトレードマークになっていた髪型と同じにする案も出たそう。しかし、スタッフと相談を重ね、「僕の中の『宮部新』のイメージやスタッフのみなさんが持たれているイメージのいいところをすり合わせていったら、この髪型に至りました」と明かした。ジャパン・オリジナル作品としての“宮部新”を竹内がどう作り上げ、体現していくのかに注目だ。また、豪華レギュラー陣も近日、発表予定となっている。

<竹内涼真  コメント>
『梨泰院クラス』は日本ですごい話題になっていたのはもちろん知っていましたし、僕も見ていて本当に素晴らしいドラマだと思っていたので、今回『六本木クラス』のお話をいただいた時はびっくりしました。そういった作品の舞台を東京に変えてリメイクできることはすごいことですし、僕を選んでいただけたことも光栄ですので、全力で頑張りたいなと思いました。

僕が演じさせていただく宮部新という役は、原作漫画や台本を読んだり、スタッフのみなさんとたくさんコミュニケーションをとって、クランクインまで一つひとつ整理しながら今まさに丁寧に作り上げている途中なのですが、とても素敵なキャラクターだと思いますし、無骨な感情を爆発させる面も持ちながら、ユニークでもあり、甘えん坊だなという印象も受けます。新の魅力を上げたらきりがないほどあるのですが、今は「新」像を作っていく過程がすごく楽しいです。

その1つとして、ヘアスタイルについてはスタッフのみなさんといろいろ相談しました。原作漫画や『梨泰院クラス』でのパク・ソジュンさんがとても印象的な髪型をされていてトレードマークになっていましたが、今回全く同じ髪型にする案もあり、切っている途中で一度はその髪型にしたり、また坊主という案も出たり、さまざまな案が出ました。そんな中で、僕の中の宮部新のイメージやスタッフさんが持たれるイメージのいいところをすり合わせていったら、この髪型に至りました。髪型が全てではないのですが、人物像を作る一つのアイテムとして、自分や監督、スタッフのみなさんたちが腑に落ちて、一本筋が通った共通の認識が大事だと思うので、この髪型でその一つにたどり着いたかなと思います。

他にも役づくりするためにすべきことは沢山あるのですが、一番大事にしたいのは、共演するキャストのみなさんやスタッフのみなさんとの人間関係です。どれだけ作り込んでいってもいい関係が築けなかったら作品として成り立たないので。素晴らしい原作があり、その土台がある中で、現場に入ってどれだけ濃密ないい人間関係を築いて、作品を作り上げられるかということが1番の勝負だなと思います。今はとにかく楽しみです! しかも六本木で撮影するんですから! これまでのドラマでは見られなかったような光景もたくさん出てくると思いますし、すごく素敵な画になるんだろうなと期待しています。

7月の放送までキャストのみなさん、スタッフのみなさんと、いい作品をお届けできるようにこれから撮影を頑張りますので、ぜひ楽しみに待っていてください。

<チョ・グァンジン(原作者)コメント>
こんにちは、原作者のグァンジンと申します。今回、日本でドラマが作られる事が出来て、とても嬉しく、楽しみにしております。本当にありがとうございます。スタッフの方々全員が無事に完成出来る事を心より願っております。2022年『六本木クラス』ファイト!!

大江達樹(テレビ朝日プロデューサー) コメント>
2年前、超人気原作『梨泰院クラス』の日本版リメイクのパートナーにテレビ朝日を選んで頂き、我々制作スタッフはこの最高に面白いストーリーを、六本木を舞台にしたジャパン・オリジナルとして映像化できる喜びとともに、身の引き締まる思いでした。そして、原作漫画の日本版「六本木クラス」の実写版の主人公として、信念と気合いの男・宮部新を演じられるのは竹内涼真さんしかいない、という確信を持ってオファーしました。竹内涼真さん自身が体育会系で信念と気合いの男ですので、髪型もいがぐり頭にカットして、衣装合わせに現れた時にはまさに“宮部新”の生き写しだな、と胸が熱くなりました。『梨泰院クラス』を見たことがある方にも無い方にも、座長である竹内涼真さんを中心にキャスト・スタッフ一丸となって信念と気合いで、熱い人間ドラマをお届けしたいと思っております。

画像ギャラリー