田中みな実の早口長台詞に「さすがアナウンサー」

田中みな実の早口長台詞に「さすがアナウンサー」
最新エピソードを無料視聴

NEWS増田貴久が主演を務めるドラマプレミア23『吉祥寺ルーザーズ』(テレビ東京系、毎週月曜23:06~)の第2話が、4月18日に放送。長台詞を早口で捲し立てる田中みな実の演技が、SNS上で話題になっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、主人公・高校教師の安彦聡(増田)をはじめ人生の負け組6人が、吉祥寺のシェアハウスで一緒に暮らす日々を描いたシチュエーションコメディドラマ。

共同生活を送るうえで、共有部分の使い方について不満を感じ始めたシェアハウスの住人たち。キッチンには洗い物やゴミが放置され、朝は洗面所の取り合いになるなど、小さなもめ事が絶えない。

特に神経質なのが、大庭桜(田中)。さすがに「どうにかしなければ」と思った彼女は6人を招集し、「ルールを作ろう」と提案。さらに、池上隆二(國村隼)が「この際だから言っちゃいましょう。みなさんの不満」と言ったことにより、それぞれの考えを直接ぶつけあうことに。

私は傷つかないから何でも言って、と最初は余裕を見せていた桜だが、「生き様が無理してる」「ファッション頑張りすぎていて、ちょっと痛い」「よく“モテないよ”って言うけど、ご自身もそんなにモテないんじゃないですか?」と言われ大爆発。元女性ファッション誌の編集長で、モデルやスタッフに舐められないように常に完璧にしてきたと早口で捲し立てた桜は、怒って部屋に戻ってしまう。

その夜、お風呂に入るために部屋から出てきた桜と顔を合わせてしまった聡は、彼女に謝罪。翌朝、聡が「本音は悲劇を生むから、ルールを決めなければ」と思っているところに、オーナーの万平一平から荷物が届く。中に入っていた手紙には「負け組の皆さんにルールを守らせるには担保が必要です」とあり、さらにその担保が“秘密”であるとも書かれていた。

その手紙の通り、人に知られたくない秘密を書いた紙を置物の中に入れ、ルールを破った者の秘密を明かすと決めた住人たち。そして「日曜の夜は全員揃ってご飯を食べる」というルールを1つだけ設定し、他に提案したいルールがあればその食事の場で話し合う、ということで決着した。

SNS上では、早口で捲し立てる田中の台詞まわしが話題に。「活舌がすごい」「さすがアナウンサー」「長台詞を早口で!しかも噛まずに!」という声が寄せられていた。

次回、第2話は4月25日に放送。望月舞(田島芽瑠)が失踪する。

画像ギャラリー