W杯得点王のダビド・ビジャが初登場!世界的ストライカーが日本サッカーを語る

元スペイン代表のダビド・ビジャ
元スペイン代表のダビド・ビジャ

元スペイン代表のダビド・ビジャが、4月16日に放送されるサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:25~)にゲスト出演。現在行っている取り組みや日本サッカーについて、MCの勝村政信やサッカージャーナリストの小澤一郎らとトークを繰り広げる。

スペイン代表として98試合に出場し、歴代最多となる59ゴールをマーク。2010年には南アフリカW杯を制して、大会得点王を獲得したビジャがリモートで登場。「世界と戦うために日本サッカー界に必要なこと」と題し、ビジャならではの視点で日本サッカーを語り尽くす。

バレンシアやバルセロナといった名門クラブを渡り歩いてきた世界的なストライカーであるビジャは、日本サッカーをどのように見ているのか。2019シーズンにはヴィッセル神戸でもプレーした彼が、まずはJリーグの印象について口を開く。

また、番組ではビジャが2015年に設立した「DV7サッカーアカデミー」も紹介。「世界で活躍するトップ選手を育てる」という理念のもと、日本を含む7つの国と地域で展開されているこのアカデミーでは、「DV7メソッド」と呼ばれるスペイン流の育成法が行われていた。ビジャのサッカー人生の全てが詰まった「DV7メソッド」の中身に迫る。

そして、ヨーロッパでも活躍する日本人選手たちについてもトークが展開。日本の選手が海外でプレーするにあたって重要なこととは?

さらに、ビジャはカタールW杯の本大会出場を決めた日本代表のポテンシャルにも言及。日本が結果を出すために必要なことを自身の経験に基づいてアドバイスする。勝村からの「今後、日本はW杯で優勝することはありますか?」という質問に、ビジャはなんと答えるのか。

画像ギャラリー