宮世琉弥の金髪姿に絶賛の声「少女マンガから飛び出してきたよう」

公開: 更新:
宮世琉弥の金髪姿に絶賛の声「少女マンガから飛び出してきたよう」
最新エピソードを無料視聴

高橋ひかるが主演を務めるドラマ『村井の恋』(TBS系、毎週火曜24:58~)が、4月5日よりスタート。SNS上では、村井役・宮世琉弥の金髪姿に「少女マンガから飛び出してきたよう」など絶賛の声が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は電子コミックサービス「LINEマンガ」限定レーベル「ジーンLINE」にて好評連載中で「次にくるマンガ大賞2019」Webマンガ部門で2位に輝いた同名マンガを原作とする実写化ドラマ。乙女ゲームの“推し”キャラクターに本気で恋をする教師と、その教師に恋をして猪突猛進にその感情をぶつける男子生徒の恋愛模様を描いたノンストップ・ラブコメディだ。

教師の田中彩乃(高橋)は、担任を務める2年1組の生徒・村井の進路調査票を見て頭を悩ませていた。そこには「田中先生と結婚したい」と書かれており、村井は「100年の恋」だと田中にアプローチ。しかし、“ある秘密”を抱えている田中は、「男の黒髪ロン毛は対象外」だとあっさりと村井の好意を跳ねのけるのだった。

田中の秘密とは、ゲームのキャラクター・春夏秋冬(ひととせ)に恋をしているということ。家は春夏秋冬のグッズがいたるところに飾られており、寝ずにゲームをプレイすることもしばしば。

そんなある日、田中が「男の黒髪ロン毛は対象外」と言ったため、村井は髪を切り金髪に染めて学校に登校してくる。その姿が春夏秋冬そっくりだったため、田中は驚愕。授業でも動揺を隠し切れず、板書が乱れてしまうほど。その姿で「本気で先生のことが好きなんです」と言われ、田中は「私には春夏秋冬くんが……」と秘密を明かしそうになってしまう。

放送後、SNS上では金髪姿の宮世に対して「再現度ハンパない」「本当に少女マンガから飛び出してきたようだ!」「原作通り」といった声が寄せられていた。

次回、第2話は4月12日に放送。田中が呟いた理解不能な言葉 「ヒトトセ」 が乙女ゲームのキャラクターだと知った村井は、ゲームをプレイし始める。

PICK UP