エクササイズポールを使うだけでウエストがマイナス8.5cm!餅田コシヒカリが3日間で検証した方法とは?

公開:
エクササイズポールを使うだけでウエストがマイナス8.5cm!餅田コシヒカリが3日間で検証した方法とは?

「乗るだけダイエット!世界一やせる体幹エクササイズボールBOOK」(宝島社)を監修したアスカ鍼灸治療院・福辻鋭記(※辻のしんにょうは点一つ)院長が、エクササイズポールを使ったストレッチの効果を提唱した。

福辻院長いわく、エクササイズポールでストレッチをすると、体の各所のサイズが変わり、痩身にも効果があるという。そのメカニズムは、「そっくり返ることで骨盤が締まって、ドロンと下に落ちてきている内臓がグッと若い時のように持ち上がってくる」のだそう。さらに、「5~6分やっていたら、その場で何cmか違ったりする。全く変わらない人はまずあんまりいない」と効果は大いに期待できるという。

この説を、駆け抜けて軽トラ餅田コシヒカリが体を張って検証することに。食事や間食は普段と変えない条件で、3日間エクササイズポールを使ったストレッチを行い、体の変化を計測する。

検証前のウエストは112cm、上腹は102.5cm、下腹は127.5cm、二の腕は45.5cm、体重は101.2kgで、エクササイズポールを使い続けた3日後、ウエストは103.5cm、上腹は97cm、下腹は123cm、二の腕は42cm、体重は99.6kgとなる。ただただエクササイズポールの上に乗ってゴロゴロしていただけの餅田は「これはすごい! 筋トレしてないのに」と大喜び。

検証結果を受け、福辻院長は「内臓が持ち上がったというのが大きいと思います。持ち上がって代謝が良くなって、便通も良くなったんだと思う」と分析した。

上記の詳細は、2月28日に放送された『それって!?実際どうなの課』(中京テレビ・日本テレビ、毎週水曜23:59~)で紹介。

次回は3月6日に放送される。

PICK UP