高橋文哉“岳”、パーティーのフルコースを任される!トラウマ的存在の細田佳央太“広瀬”がやってきて…

公開:
高橋文哉“岳”、パーティーのフルコースを任される!トラウマ的存在の細田佳央太“広瀬”がやってきて…

高橋文哉志尊淳がW主演を務めるドラマ『フェルマーの料理』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第7話が、12月1日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

小林有吾による同名人気漫画をドラマ化した本作。数学者を志していたが、挫折した天才数学少年・北田岳(高橋)と、カリスマシェフ・朝倉海(志尊)が出会い、数学的思考で新しい料理の扉を開く。現在TVerでは第1話、ダイジェスト、制作発表なども配信されている。

先週放送された第6話では、海は岳に「2人のシェフ」の話をしてくる。1人は、海の子供の頃からの目標だったが、何も言わずに一線を退いたシェフ。そしてもう1人は、ライバルに圧倒的な差を見せつけられ、店をたたんでスーシェフとなった人物。後者は布袋勝也(細田善彦)のことで……。ネット上では海と布袋のやりとりに「熱い」「海は布袋さんの甘さを見抜いていたんだな」「絆に感動」といった声が見られた。

<第7話あらすじ>
超高級ホテルで行われるパーティーのコース料理のコンペに勝った北田岳(高橋)は、レストラン「K」を代表してフルコースをまとめ上げることに。しかしこのパーティーは数学界で権威ある楠瀬正美賞の受賞パーティー。かつて数学オリンピックで圧倒的な才能の差を見せつけられ、トラウマ的存在である広瀬一太郎(細田佳央太)が、この賞の受賞者であることを知り、岳はとてつもないプレッシャーを感じていた。

広瀬一太郎(細田佳央太)
広瀬一太郎(細田佳央太)

パーティーを1週間後に控えたある日、なんと広瀬は「K」の厨房に突然押しかけてくる。その日の営業終了後、岳は朝倉海(志尊)に促され、広瀬との関係や数学者の夢を諦めた理由をみんなに話す。それを機に厨房に生まれる一体感。海は「みんなを統率して、完璧を超えろ」と岳に指示を出す。

一方、渋谷克洋(仲村トオル)や淡島優作(高橋光臣)と密会を重ねていた海は残酷な現実を突きつけられていて……。

画像ギャラリー

PICK UP