二宮和也“誠司”、バスの中でアネモネの幹部から拳銃を突きつけられ…

公開:
二宮和也“誠司”、バスの中でアネモネの幹部から拳銃を突きつけられ…

二宮和也中谷美紀大沢たかおがトリプル主演を務める月9ドラマ『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第8話が、11月27日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

今作は、人々が思い思いに過ごすクリスマスイブの1日が1クールかけて描かれる、謎と愛と奇跡の物語。それぞれ別の人生を歩む3人の男女の物語【逃亡編】【地方テレビ局編】【レストラン編】が並行して進んでいき、次第に運命の交錯を果たす。なおTVerでは、第1話~第3話のほか、スピンオフドラマが配信中。

先週放送された第7話で、勝呂寺誠司(二宮)は「アネモネ」にさらわれた立葵査子(福本莉子)を救出する。一方、「葵亭」に倉内桔梗(中谷)が笛花ミズキ(中川大志)のことを聞きにやってきた。立葵時生(大沢)とは知り合いのようで、よそよしい会話をかわし……。

<第8話あらすじ>
記憶を失ったまま逃亡を続けていた勝呂寺誠司(二宮)は、ついに警視庁組織犯罪対策部管理官・蜜谷満作(江口洋介)との対面を果たす。「アネモネ」や警察の手から逃れるために、路線バスに乗り込む誠司たち。そこで誠司は、「教えてくれ。勝呂寺誠司と天樹勇太、どっちが本当の俺なんだ?」と蜜谷に問いかける。

倉内桔梗(中谷美紀)
倉内桔梗(中谷美紀)

一方、「横浜テレビ」のキャスター・倉内桔梗(中谷)は、誠司と蜜谷が合流する場所へと急いだが、すでにふたりの姿はなかった。同じころ、立葵時生(大沢)の店「葵亭」では、時生の娘・査子(福本)が、以前天樹勇太と交際していた竹本梅雨美(桜井ユキ)の取材準備を進めていた。時生は妻の墓参りをするため外出中だった。

蜜谷は誠司に、天樹勇太のことを話そうとする。その時、バス停でバスが停車する。そこに乗り込んで来たのが、アネモネの幹部・神林淳(一條恭輔)だった。神林は、証拠として誠司と蜜谷が一緒にいるところを写真に収めると、他の乗客に気付かれぬようにして誠司に拳銃を突きつけ、バスから降りるよう命じる。その時、バスが急停車した。その隙をついて拳銃を払う誠司。ふたりはもみ合いになり、拳銃が乗客の足下へ転がった。その乗客とは時生だった。時生が蹴り返した拳銃を拾った誠司は、笛花ミズキ(中川)がバイクで追いかけてきていることに気づき、非常ボタンを押してバスを出すよう運転手に指示するが……。

画像ギャラリー

PICK UP