『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』3つの話が同時進行!二宮和也、大沢たかお、中谷美紀は幸せなクリスマスイブを迎えられるのか?

公開:
『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』3つの話が同時進行!二宮和也、大沢たかお、中谷美紀は幸せなクリスマスイブを迎えられるのか?

トリプル主演、豪華すぎないか!? クリスマスイブの一日を、3人の主人公の視点でワンクールかけて描く『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』(フジテレビ系、毎週月曜21時~)。10月9日放送の第1話は、7/24時間分、物語が進む。3つの話が同時進行するため、とにかく情報量がすごい! 3つの物語に分けて説明するので、まずは設定と内容を理解しておこう。

二宮和也が容疑者に? 警察に追われる<逃亡編>

クリスマス、あなたは誰と過ごしているだろうか。家族? 恋人? それとも……。人の数だけ答えがある。そしてこの街にはいくつもの顔がある。

そんなナレーションで始まった『ONE DAY』。最終話でクリスマスを描けるという秋ドラマ最大のメリットをこんなにも存分に使うドラマがかつてあっただろうか。こいつは痺れる!

時は2023年12月23日23時30分、場所は横浜・クリングル号記念公園。痛む頭を押えながら勝呂寺誠司(二宮和也)が目を覚ますと、目の前には頭部を撃たれて倒れている男と、拳銃が転がっていた。

非通知の着信に出ると、何者かに「その場から離れろ、山下ふ頭に来い、逃げろ」と告げられる。かくして逃亡者となった誠司。この逃走劇が今作のメインのようだ。

その後、現場には警視庁・管理官の蜜谷満作(江口洋介)や神奈川県警・警部補の狩宮カレン(松本若菜)も駆けつけていた。蜜谷がいるということは、どうやらこの事件は組織犯罪絡みのよう。

誠司はなぜか記憶を無くしていて、自分が誰かもよくわかっていない。なんとかたどり着いた待ち合わせの場所に現れたのは、違法薬物を売りさばく国際犯罪組織アネモネの2代目ボス・笛花ミズキ(中川大志)だった。

警察の検問を振り切り、組織にかくまってもらう誠司。しかし、ミズキもどこかあやしい。非通知で電話してきたのはミズキなのかと確認すると「はい」と返答されたが、声はあきらかに違っていた(どちらかというと江口洋介や遠藤憲一のような渋い声だった)。誠司は逃げ出すことを決意する。

そして優れた身体能力でなんとか警察からの追跡からも逃げ切った誠司の前には、謎の女・八幡柚杏(中村アン)が。誠司に接触するのにはなにか目的があるようだけど、それはまだわからない。

柚杏曰く、蜜谷は誠司のことをよく知っているらしい。まずは会う必要がありそうだ。

コメディ色の強い大沢たかおが拝める!<レストラン編>

三代続く老舗レストラン「葵亭」のシェフ・立葵時生(大沢たかお)は、店内にいる謎の侵入者である誠司と対面。追いかける際に、秘伝のデミグラスソースの寸胴鍋をひっくり返してしまう。追いかけるシーンのカッコ悪さを見る限り、今回の大沢たかおは三枚目のコミカル担当。これはおもしろくなりそうだ!

店の命であるデミグラスソースがない以上、営業はできない。ソムリエールの竹本梅雨美(桜井ユキ)、ベテランギャルソンの蛇の目菊蔵(栗原英雄)、アルバイトの細野一(井之脇海)らに事情を説明するも、みんなはお客様のためにお店は開けたいと思っているし、シェフの話は話半分で聞いている。スイッチが入ると話が長い時生と、それを聞かずに暴走するスタッフの構図も滑稽でおもしろい。

朝方、時生は店内で拳銃を発見。事件の犯人の所持品と察するも、警察に届けるか否かでもめる4人。「チャカ」や「ホシ」という警察の隠語を連発するあたり、竹本らは相当刑事ドラマが好きなようだ。愛せる。

結局警察に届ける時生。証拠品を届けたことで、時生は犯人に消されると煽る従業員たちと、焦る時生の表情もコメディ要素満載で大好き。みんなを帰して一人になるのが心細くなったのか、結局時生はクリスマスイブのオープンを決意する。だとしたら、肝心なデミグラスソースをどうごまかすのかも気になる。

それにしても、シリアスそうなドラマの中でこのコメディパートはありがたい存在になりそう。今後も遠慮なく賑やかしてほしい。

中谷美紀キャスターが孤軍奮闘!<地方テレビ局編>

地方テレビ局「横浜テレビ」の報道キャスター・倉内桔梗(中谷美紀)は誠司が逃走したあとすぐに現場に急行。仕事ができるバリキャリ風情だけど、内情をのぞくとどうやら仕事では崖っぷちに立たされているよう。

担当している報道番組『日曜NEWS11』は打ち切りが決まり、情報バラエティになることが決まっている。『エルピス―希望、あるいは災い―』を思わせる展開、まさに今のテレビ局あるあるなのだろう。そしてこのパートは中谷美紀が奮闘するお仕事ドラマってことか。最高じゃないか!

立葵査子(福本莉子)ら若手はクリスマス放送用に特集「聖夜(ホーリーナイト)は横浜に行かナイト!」を準備していたが、殺人事件発生となればそんなの放送している場合ではない。社長は報道に力を入れる気はなく予定通りクリスマス特集を流すよう命ずるが、桔梗はそれにも屈しない。テレビ局の慌ただしさの描写も、番組制作の裏側をみているようでワクワクする。

そして防犯カメラの映像に映る誠司の姿をみて、過去に誠司と面識があることがあることを思い出す桔梗。2人のつながりも気になるところだ。

そしてこの物語全体におけるとびきり謎の人物が、愛犬フランを探す真礼(佐藤浩市)。5年前の2018年のクリスマス、3人の主人公と真礼はよこはまコスモワールドのクリスマスツリーの近くにいたことは冒頭シーンでわかっている。今後、それぞれの過去もあきらかになっていくのだろう。

「聖夜のから騒ぎ」と副題をつけるからにはきっと、ハッピーになれる壮大なラストが待っていると期待している。今年のクリスマスまで、こちらも胸を躍らせて見届けたい。

(文:綿貫大介)

PICK UP