高橋文哉“岳”、尊敬する細田善彦“布袋”からの一言をヒントに驚愕の一品づくりに挑む!

公開:
北田岳(高橋文哉)
北田岳(高橋文哉)

高橋文哉志尊淳がW主演を務めるドラマ『フェルマーの料理』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第6話が、11月24日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

小林有吾による同名人気漫画をドラマ化した本作。数学者を志していたが、挫折した天才数学少年・北田岳(高橋)と、カリスマシェフ・朝倉海(志尊)が出会い、数学的思考で新しい料理の扉を開く。現在TVerでは第1話、ダイジェスト、制作発表なども配信されている。

先週放送された第5話は、レストラン「K」は元々赤松蘭菜(小芝風花)の母・桜(釈由美子)の店だったが、海の買収話のせいで桜の体と心は壊れてしまった。裏で手を引いていたのは海ではなく、西門景勝(及川光博​​)で……。海の本当の思いが明らかになるストーリーに、ネット上では「素敵」「泣ける」との声が。また、岳が料理のアイデアが浮かんだシーンでは、倒れるドミノ上を走る演出があり「ドミノ倒し!」「(演出が)楽しい」​​といったコメントが寄せられた。

<第6話あらすじ>
北田岳(高橋)は店のナンバー2であるスーシェフ・布袋勝也(細田善彦)の有能さを魚見亜由(白石聖)に話しながら、自分は布袋を超える料理人にならなければ朝倉海(志尊)と二人で料理の道を極められないのだと今更ながら気づく。

朝倉海(志尊淳)
朝倉海(志尊淳)

そんなある日、レストラン「K」が超高級ホテルのパーティー料理を監修することに。海はその代表シェフを自分と布袋を除くコンペで決めると言う。勝てばシェフの名を売る大きなチャンスだが、勝ち負けが嫌いな岳は気が重い。尊敬する布袋からの一言をヒントに、驚愕の一品づくりに挑むが……。

布袋勝也(細田善彦)、北田岳(高橋文哉)
布袋勝也(細田善彦)、北田岳(高橋文哉)

そんな中、家に帰ってこない海をスーパーで見かけ、尾行した岳がたどり着いたところには、密会を重ねる渋谷克洋(仲村トオル)と淡島優作(高橋光臣)の姿が。そしてやがて迎えたコンペ当日。競争嫌いな岳が作った料理は……?

なお、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では現在、グルメや食にまつわる番組を集めた「グルメ特集-名店編-」を実施中。

画像ギャラリー

PICK UP