志尊淳“海”、小芝風花“蘭菜”を店から追い出す

公開:
志尊淳“海”、小芝風花“蘭菜”を店から追い出す

高橋文哉志尊淳がW主演を務めるドラマ『フェルマーの料理』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第5話が、11月17日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

小林有吾による同名人気漫画をドラマ化した本作。数学者を志していたが、挫折した天才数学少年・北田岳(高橋)と、カリスマシェフ・朝倉海(志尊)が出会い、数学的思考で新しい料理の扉を開く。現在TVerでは第1話、ダイジェスト、制作発表なども配信されている。

先週放送された第4話では、レストラン「K」はかつて赤松蘭菜(小芝風花)の母の店だったことが明らかに。海に向かって蘭菜が言った「母の店は奪われたの。3年前、海に。母の店を返して!」の言葉に、ネット上で「衝撃」「そんな因縁が」「続きが気になる」とのコメントがあった。

<第5話あらすじ>
赤松蘭菜(小芝)の母・桜(釈由美子)は、3年前に朝倉海(志尊)に店を奪われたことが原因で体と心が壊れてしまった――。衝撃を受ける北田岳(高橋)たちに、蘭菜は自分が料理人として海を越えることが母の店を返してもらう条件だったと話す。

北田岳(高橋文哉)、赤松蘭菜(小芝風花)
北田岳(高橋文哉)、赤松蘭菜(小芝風花)

海から厨房の花形である肉料理担当を命じられた蘭菜は「母の店を返して」と海に迫るが、海はそんな彼女に「決定的に欠けているものがある」と冷たく言い放つばかりか、店から追い出してしまう。

その頃、西門景勝(及川光博)は淡島優作(高橋光臣)と渋谷克洋(仲村トオル)を訪ね、レストラン「K」に関するある提案を持ち掛けていた。さらに、一人になった蘭菜にも密かに接近する西門……。

岳はそんな蘭菜を「K」に取り戻すべく奔走。そしてある解決の糸口を見つける。

画像ギャラリー

PICK UP