『うちの弁護士は手がかかる』第3話の見逃し配信数が210万回再生突破!第5話はムロツヨシの体調不良を受け脚本を変更

公開: 更新:
『うちの弁護士は手がかかる』第3話の見逃し配信数が210万回再生突破!第5話はムロツヨシの体調不良を受け脚本を変更

ムロツヨシが主演を務める金曜ドラマ『うちの弁護士は手がかかる』(フジテレビ系、毎週金曜21:00~)。10月27日に放送された第3話の「無料見逃し配信」が210万再生を突破し(※)、第1~3話全てが200万再生超えを記録した。

30年間サポートしてきた人気俳優・笠原梨乃(吉瀬美智子)に突然解雇を言い渡された超敏腕マネージャー・蔵前勉(ムロ)がひょんなことから、新人弁護士・天野杏(平手友梨奈)のマネジメントを任されることに。超エリートながら猪突猛進な彼女に蔵前が時には振り回されながら、時にはハンドリングしながらパラリーガルとして奮闘する姿が描かれる、これまでの法律ドラマとは一線を画すリーガルエンターテインメント。現在TVerとFODでは、第1話~第3話を見逃し配信中。

11月9日放送の第5話は、ムロの体調不良を受け脚本を変更。盲腸のため急きょ仕事を休むことになった蔵前に代わり、香澄今日子(戸田恵子)のパラリーガルを担当することになった杏が、今日子と大学のボクシング部の練習中に起きたとある事件に立ち向かう。果たして、期間限定バディ、杏と今日子は勝訴することができるのか!?

なお、現在ムロは復帰し連日撮影中。第3話の終わりの次週予告では、撮影の準備をするスタジオで「予告動画が間に合っておりません!」とムロが明かし、「放送には必ず必ず間に合わせます! いろいろ想像を膨らませながらお楽しみに!」 とメッセージを寄せる異例の予告動画が放送。「前代未聞で笑いました」「面白くて最高の予告」 などとSNS上で大きな話題となり、「応援しています」など番組へのエールも数多く寄せられた。

(※)配信数はビデオリサーチにて算出。TVer・FODの合計値。11月5日時点。

<11月9日放送 第5話あらすじ>
ある朝、出勤途中に突然腹痛に襲われた蔵前勉(ムロ)は、救急車で病院に搬送されてしまう。痛みをこらえてすぐさま「香澄法律事務所」所長の香澄今日子(戸田)に連絡を取る蔵前。実はその日は、今日子の大事なクライアントとの打ち合わせが入っており、蔵前は多忙な丸屋泰造(酒向芳)に代わって今日子のパラリーガルを務めることになっていた。そこで、今日子は蔵前の代わりに天野杏(平手)にパラリーガルとしてサポートをするよう説得し、杏は渋々承諾した。

ほどなく、今日子の大切なクライアントからの紹介でやってきた、上畑亮(林泰文)と妻の順子(田山由起)がやってくる。上畑夫妻の間には、ボクシングをやっている大学3年の健(嘉島陸)という息子がいた。彼は日本代表の強化選手に選ばれるほどの逸材だったが、同学年の選手・相羽幸喜(佐久本宝)とのスパーリング中に強いパンチを受けてこん倒し、脳しんとうと頸椎(けいつい)捻挫で入院を余儀なくされたのだという。スパーリング中の事故という説明に納得出来ずにいた上畑夫妻は、大学側の安全義務違反を問えるかどうか相談に来たのだ。

実は健は、急に大学側から求められて「練習中に事故が起きても大学や相手選手を訴えない」という誓約書にサインしていた。それを聞いた今日子は、自筆のサインが入った誓約書をひっくり返すのは難しいと考える。だが杏は、「逃げ腰になるのは二流のやり方」と言って、今日子を差し置いて大学側の過失を争おうと提案してしまい……。

PICK UP