ムロツヨシ“蔵前”のホスト姿に反響「絶対おもしろい」「指名する」

公開:
ムロツヨシ“蔵前”のホスト姿に反響「絶対おもしろい」「指名する」

ムロツヨシが主演、平手友梨奈がバディ役を務めるドラマ『うちの弁護士は手がかかる』(フジテレビ系、毎週金曜21:00〜)の第3話が、10月27日に放送。蔵前勉(ムロ)のホスト姿が話題となった(以下、ネタバレが含まれます)。

香澄今日子(戸田恵子)のテレビ出演を機に、大量の依頼が舞い込むようになった香澄法律事務所。そこに10歳の少年・樋口翔(三浦綺羅)がやって来て、傷害事件の弁護を依頼してくる。引き受けることにした天野杏(平手)が翔に話を聞くと、父親が母親にケガをさせ、警察に捕まってしまったと言う。

翔の父・徹(永岡佑)に話を聞くため刑務所の面会に訪れると、蔵前は彼がかつて日本代表としても活躍した元プロ野球選手だと気付いて大興奮する。しかし、2年前にケガをしてクビになってしまい、今は宅配ドライバーと深夜清掃のバイトとして働いているという。

暴行事件を起こしたきっかけを聞くと、いきなり妻・明乃(野村麻純)が翔を連れて家を出ていき、弁護士伝えに「離婚しろ」と言われたから。親権を渡せと何度も連絡しても無視され、会いに行ってもあしらわれてしまったため、カッとなって突き飛ばしてしまったとのこと。

「ケガをさせるつもりはなかった」「なんとかなりませんか」と頭を下げてくる徹に、「力になる」と勝手に答えた蔵前。明乃のことを調べるうちに、彼女に浪費癖があることが判明し、領収書にあるホストクラブに潜入。そこで、明乃が愛人のホストと抱き合う姿を目撃するのだった。

このシーンで蔵前は、派手髪のカツラにヒョウ柄のジャケットを着用して、ホストに扮し潜入していたのだが、仕草もホストらしくなっており、SNS上では「今週もムロ劇場(笑)」「吹き出した」「絶対このホストおもしろい」「指名するわ」といった声が見られた。

次回、第4話は11月3日に放送。杏は山崎慶太(松尾諭)が手がけている強盗致死事件の裁判員裁判に協力するよう命じられる。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、本作の第1話も配信中だ。

PICK UP