道枝駿佑“拓”、広瀬アリス“佐弥子”の力を借りてキイナへの誕生日プレゼントを選ぶ

公開:
道枝駿佑“拓”、広瀬アリス“佐弥子”の力を借りてキイナへの誕生日プレゼントを選ぶ

広瀬アリスが主演、道枝駿佑なにわ男子)が共演する火曜ドラマ『マイ・セカンド・アオハル』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第4話が11月7日に放送、民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

本作は、やっかいな問題を抱えた30歳の主人公が、謎の大学生の一言をきっかけに学び直しを決意して大学生となり、令和の大学生たちに揉まれながら恋に、勉強に、夢に奮闘するセカンド・アオハル・ラブコメディ。現在TVerでは、第1話&第2話、ダイジェストなどが配信中。

先週放送された第3話では、小笠原拓(道枝)と片思いの相手である桂山キイナ(伊原六花)の関係性に注目が集まった。ある夜、「やたら佐弥子さんの世話焼くよね?」と言うキイナに対し、拓は「いい年してわざわざ大学に入ったんだから、ちゃんとやれと思ってるだけ」と返答。そんな拓にキイナは顔を近づけ、「やきもち」という一言を残して部屋を出ていった。ネット上では「キイナ魔性の女すぎる」「キイナも拓のことが好きとか……?」「佐弥子と三角関係になっちゃう!?」といったコメントが上がっていた。

第4話には、山本未来が日向祥吾(安藤政信)と過去に因縁のある世界的ファッションフォトグラファー・沢島凛子役で出演。周囲を巻き込んで振り回すため、“ハリケーン”というあだ名がついた凛子は、拠点であるアメリカからいつも突然日本に帰ってきては、好き放題やって帰っていく自由奔放な女性だ。そんな彼女に優柔不断な日向はいつも振り回されていた。しかも凛子は沢島真凛(飯沼愛)とも関係があるようで……。さらに佐弥子も意図せず凛子の破天荒ぶりに巻き込まれてしまう。

<第4話あらすじ>
白玉佐弥子(広瀬)が不安になりながらひとりレストランで日向祥吾(安藤)を待っていると、日向から仕事で急にトラブルになったとの連絡が。ホッとした矢先、電話口から女性の声が聞こえ佐弥子は憤りとも落胆とも何ともいえない気持ちになっていた。

一方、日向から沢島凛子(山本)のせいでデートをすっぽかしたと聞いた沢島真凛(飯沼)は怒りをあらわにし、日向に再び佐弥子を誘うよう促していた。

サグラダファミリ家では、桂山キイナ(伊原)のバースデーパーティーの準備が進められていた。誕生日当日はキイナに予定があると知り、小笠原拓(道枝)はどこか浮かない表情に。キイナへの思いを募らせる拓は、ついに思いを打ち明けようと佐弥子の力を借りて誕生日プレゼントを選ぶことに。初めて二人で出かけた佐弥子と拓は楽しいひと時を過ごし、お互いの恋を応援する。

そんなある日、日向から先日の埋め合わせをしたいと連絡をもらった佐弥子。デート当日、改めてオシャレをして車で迎えに来てくれた日向の元へ向かうと、そこにはなぜか凛子の姿もあり……!?

画像ギャラリー

PICK UP