『マイハル』道枝駿佑演じるクールな大学生に反響「目線がたまらん」「視線だけでキュン!」【ネタバレあり】

公開: 更新:
『マイハル』道枝駿佑演じるクールな大学生に反響「目線がたまらん」「視線だけでキュン!」【ネタバレあり】

広瀬アリスが主演、道枝駿佑なにわ男子)が共演する火曜ドラマ『マイ・セカンド・アオハル』(TBS系、毎週火曜22:00~)が、10月17日より放送スタート。ネット上では、小笠原拓役の道枝に注目が集まった(以下ネタバレが含まれます)。

17歳の頃、貧乏だからと大学受験を諦めていた白玉佐弥子(広瀬)だったが、担任教師の後押しもあり、建築の勉強がしたいと潮海大学の受験を決意。しかし受験当日、自転車で向かっていると石に躓いて転倒し、両手両腕を骨折。貧乏が故に浪人も叶わず、佐弥子はそのままの勢いで上京して今の職に就いた。

契約社員として働き、すでに12年目。正規雇用の職を探すでもなく、思い描いていたキラキラ東京ライフとは程遠い極めて質素な生活を送っていた。そんな中、上司から契約終了を告知され、30歳にして不幸のどん底に落ちてしまう。

さらには携帯まで無くしてしまい、諦めてたまるかと公衆電話から電話をかけると、若い男性が拾ってくれていたよう。その男性・小笠原拓が建築系の大学に通っていると知り、愚痴交じりに大学への未練を打ち明けると、佐弥子に拓は「今からでも遅くないんじゃない?」「なればいいじゃん、大学生」と言い放つ。

その後、不運が続いているためお祓いしに訪れた場所で原チャリに轢かれ、今度は両足を骨折した佐弥子。見舞金を元手に、今度こそ大学に行くことを決意。潮海大学にリベンジ受験し、見事合格となる。

大学でできた友達から住んでいるシェアハウスを紹介してもらい、佐弥子もそこで一緒に暮らすことに。偶然にもそこで拓と再会するが、拓は佐弥子のことなど覚えておらず……。

ネット上では、拓を演じる道枝の演技が話題に。「いつもと違うクールで冷たい目線がたまらん」「視線だけでキュンキュン!」「刺さりまくった……」というコメントが上がっていた。

次回、第2話は10月24日に放送される。佐弥子は、設計演習の課題がうまくいかず悩む。なお現在TVerでは、スペシャルガイドなども配信中。

PICK UP