『あなたがしてくれなくても』田中みな実“楓”が奈緒“みち”に鋭い杭を打つ?恋が終わっても残る罪

公開:
『あなたがしてくれなくても』田中みな実“楓”が奈緒“みち”に鋭い杭を打つ?恋が終わっても残る罪
最新エピソードを無料視聴

ついに、吉野みち(奈緒)と新名楓(田中みな実)が不倫相手と妻という立場で対峙した。5月25日放送の『あなたがしてくれなくても』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)第7話は、その約束されたラストシーンへと向かう過程に思わずヒリヒリしてしまった。一方、夫たちはずっと心ここにあらずの状態で……。

セックスレス問題の被害者は一人だけではない

「俺、一度だけみちのこと裏切った」。「困らせてごめんなさい。本当の同僚に戻ろう」。吉野陽一(永山瑛太)と新名誠(岩田剛典)、どちらかに心の置き所を用意していたみちは、両方が自分の手元にない状態に打ちひしがれていた。

そんなときに頼れるのは、やはり北原華(武田玲奈)。一緒にカラオケに行ってくれて、話も聞いてくれるなんて。もう、後輩力が高すぎる。

陽一が「自分とはしなかったのに、他の人とはした」ことが許せないというみちに、華が投げかけた「先輩一人だけが被害者なんですかね?」は第三者からの的確な意見だった。ちゃんと突き放すのも優しさ。一体、人生何周目なんだろう。

地頭が相当いい華は、恋愛ソムリエとして財を成せると思う。そうでなくともコンサルとか。「浮気なんて現実逃避以外なくないですか?」という言葉も、みちは痛いほどわかるはず。だって自分も新名に対して同じことをしていたのだから。

みちが家を出ていったあと、陽一がどんな気持ちで一人過ごしていたかはわからない。みち曰く「何も言わないのが陽ちゃん」。なのに、なんで不倫の事実は告げてしまったんだ……。そこもだんまりを決め込んでくればよかったのに。

「自分の心に刺さっていた杭抜いて、代わりにそれ奥さんに刺しただけでしょ。それで奥さん血流しているんですね。奥さんに刺さったその杭、どうなるかわかります? 女は痛みが消えるまでだまって耐えるほどバカじゃないから、今度はそれ、不倫相手の女に突き刺すんですよ」。

三島結衣花(さとうほなみ)が陽一に放った言葉は、一つの真理だった。杭を突き刺された経験のある三島だからこそ、実感を持ってそれを伝えてくれている。三島ももう新たな杭を刺されるのは御免だ。

一方、華の助言のおかげで陽一が抱えるプレッシャーを想像できるようになったみちは、家に戻ることに。「セックスって、どっちかが苦痛を感じてまでするものじゃない」。自分はレスの被害者だと思っていたが、陽一も被害者だったとやっと気がついた。

「許さないでいいから、それでもここにいてほしい」。膝をついて頭を下げる陽一を見て、本当にみちと離れたくないんだなと思えた。みちの心の拠り所は、ここにしかない。陽一を手放したら、すべてを失ってしまうだろう。

それにしても、日本はカップル間のセクシュアル・プレジャー(性的な快楽・喜び・楽しみ)よりも、セックスレスについての議論ばかりがされているように思う。それでいて、カップルで両者が望ましいと考える性生活をつくりあげる議論にはあまり至らない。これは社会全体で変わっていくべき課題だ。

不倫の事実を前に、楓がついに動き出す

新名と楓夫婦は、「あの日からやり直そう」と話していた。なんで結婚記念日が起点なんだろう。それって楓だけに非があったようなニュアンスが強いのでは、とも思ってしまった。

でも、なんとかやり直してほしい。新名の母親である幸恵(大塚寧々)がやってくるシーンは久々にほっこりした新名家の雰囲気を楽しめるかと思いきや、新名はどこか冷めていた。

パズルの最後の1ピースが無くなって、同じパズルを新たに買ったという幼少期のエピソードは、完璧主義の新名をよく表していた。埋まらないピースがあるなら、いっそのこと買い替える。それが妻に対しても言えてしまうことだとしたら……。

伝統的家族観に縛られ、専業主婦として家族を献身的に支えてきた幸恵の姿は、誠の家族観に大きな影響を与えている。かいがいしく夫のケアを率先していた幸恵にイライラしたこともあっただろう。反面教師で真逆なタイプの楓を選んだはずなのに、今ではそんな楓に対してイラついている。

新名の普段の真面目さを考えたら、楓が不倫に気づくのだって当然だと思う。あきらかに様子が違う。岩田剛典という俳優の繊細な演技力と持って生まれた育ちの良さも相まって、純愛ドラマのように見えていたところがあったが、描かれていたのはずっと不倫だった。

「浮気してるでしょ」に対して「どうして」はあきらかにクロ。しかも肉体関係ではなく、プラトニックな関係だということへの楓のショックのデカさといったらない。

夫婦なのに、自分は精神的支えにさえなれていなかったなんて。新名の気持ちは結局、楓には戻りきれていなかった。バレたらバレたで、もともと別れるカードを切るつもりだったのだろうか。

探偵と化して新名のスマホをチェックする楓が見つけてしまった、みちの映り込み写真。いつも主題歌が入るタイミングが絶妙だと思っていたが、そのシーンで流れた稲葉浩志の「Stray Hearts」のイントロにはいつも以上にドキッとした。不穏でありながら妖艶さのある楽曲によって、物語が一気に動き出す予兆を感じた。

三島がいうように、妻に刺さった杭はそのまま不倫相手の女に向けられてしまうのだろうか。みちと楓が対峙するラストには思わず息を呑んだ。

メインキャスト4人のなかで唯一不倫をしていなかった楓。復讐の炎に燃える田中みな実といえば、新境地となった『M 愛すべき人がいて』での怪演も思い出さずにはいられない。戦慄の「許さなーーーーーーい」をもう1回聞きたい気もするが……、楓はこの局面でどんな一手を指すのだろう。

(文:綿貫大介)

PICK UP