門脇麦“初音”、坂東龍汰“蒼”の優しさを見て告白の返事をする決意!

公開:
門脇麦“初音”、坂東龍汰“蒼”の優しさを見て告白の返事をする決意!

門脇麦が主演を務める水曜ドラマ『リバーサルオーケストラ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第8話が、3月1日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同番組は、元天才ヴァイオリニストで超地味な市役所職員と変人マエストロの最強(!?)の2人が、ポンコツ交響楽団(オーケストラ)を一流オケに大改造!? 爽快感バツグンの音楽エンターテイメントドラマ。現在TVerでは、第1話~第3話が延長配信中。

前回第6話では、三島彰一郎(永山絢斗)から「児玉交響楽団(玉響)」の正式な団員にならないか、と声をかけられ迷う谷岡初音(門脇)。『チャイコン』の練習中に常葉朝陽(田中圭)に切り捨てられたことや、ネットでの誹謗中傷が頭から離れず、団員にひどい言葉をぶつけてしまい……。そんな初音に、朝陽は愛ある説教をして、SNS上では「胸に突き刺さる」「尊い」「愛が伝わる」とのコメントがあがっていた。

第7話、初音は穂刈良明(平田満)の事故を知り、庄司蒼(坂東龍汰)と一緒に病院へ駆けつける。幸い穂刈は足を痛めた程度だったが、穂刈と2人暮らしの妻・冴子(宮崎美子)が抱える事情を知ることに。穂刈の力になろうとする蒼に、朝陽は「家庭の事情に深入りするべきではない」と忠告するが……。

玉響は穂刈不在のまま定期演奏会の練習をするが、穂刈の抜けた穴を簡単には埋められず、その存在の大きさを痛感する。そんな玉響の現状を本宮雄一(津田健次郎)に逐一報告する裏切り者の影――。

杖をつき不自由な穂刈のため、蒼は穂刈の家を訪ね、家事の手伝いを買って出る。しかし、穂刈は退団を考えているようで、心を痛める蒼。そんな蒼の優しさと一生懸命な姿に初音は、告白の返事をする決意をする。そんな初音の携帯に、三島から着信があり……。

画像ギャラリー

PICK UP