門脇麦“初音”、永山絢斗“三島”ら家族と地獄の食事会!?

公開:

門脇麦が主演を務める水曜ドラマ『リバーサルオーケストラ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第7話が、2月22日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同番組は、元天才ヴァイオリニストで超地味な市役所職員と変人マエストロの最強(!?)の2人が、ポンコツ交響楽団(オーケストラ)を一流オケに大改造!? 爽快感バツグンの音楽エンターテイメントドラマ。現在TVerでは、第1話~第3話が延長配信中。

前回第6話では、オケのメンバーが見守る中、庄司蒼(坂東龍汰)が谷岡初音(門脇)に告白。SNS上では「愛おしい」「キュンキュン」とのコメントがあがっていた。

第7話では、突然のテレビ出演のオファーに三島彰一郎(永山絢斗)の悪意を感じ、返事に迷う初音。だが、市長・常葉修介(生瀬勝久)の勢いに負け、出演を受けてしまう。

小野田隼(岡部たかし)からは、市役所を辞めて正式に玉響の団員になってほしいと誘われ、プロの演奏家になる覚悟を問われる初音。しかし、三島の会見を発端にネット上で初音の過去が暴かれ、10年前のステージ逃亡を非難するコメントも。心配した両親が谷岡家に帰ってくるが、同居中の蒼に仰天!

一方の常葉朝陽(田中圭)は、定期演奏会の交響曲を「ベートーヴェン 交響曲第5番 運命」に決定。さっそく練習を始めるが、オーボエ・穂刈良明(平田満)の演奏に納得がいかない様子。

そんな中、朝陽は初音をある食事会に誘う。それは、高階藍子(原日出子)、三島、三島の父・光太郎(加藤雅也)も同席する、地獄のような食事会で……!? 追い込まれた初音は、玉響メンバーとも衝突してしまう。

画像ギャラリー

PICK UP