堤真一“片岡”、奈緒“和佳”と大喧嘩し東京で迷子!?

堤真一“片岡”、奈緒“和佳”と大喧嘩し東京で迷子!?
最新エピソードを無料視聴

奈緒が主演を務める『ファーストペンギン!』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第8話が、11月23日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同ドラマは、「ファーストペンギン」のように、縁もゆかりもない“漁業の世界”に飛び込んだシングルマザーと、彼女と共に改革の荒波に漕ぎだした漁師たちの“奇跡の実話”をモデルに、ヒットメーカー・森下佳子のオリジナル脚本で紡ぐ“爽快!リアル・サクセスストーリー”。

前回第7話では、農林水産省の職員・溝口静(松本若菜)が、岩崎和佳(奈緒)に「今後私たちの活動に加わっていただけないかと思いまして」「岩崎さん、あなたは水産業界を救うジャンヌ・ダルクになるんです!」と熱弁する姿に「圧がすごい」「熱いな」「素敵な女性」​​とのコメントがあがっていた。

<第8話あらすじ>
船の転覆事故をきっかけに漁師たちが去って行き、片岡洋(堤真一)と小森賢太郎(北川尚弥)ら数人だけが残されたさんし船団丸。岩崎和佳(奈緒)は皆を呼び戻しに行こうと提案するが、片岡は断固拒否。さらに片岡は、和佳が講演を行う水産フェアの会場で、新たに経験のある漁師を募集すればいい、と言い出す。こうして和佳は、全国から漁師たちが集う水産フェアの会場に、片岡も一緒に連れて行くことに。

講演会終了後、和佳と片岡は、元官僚のビジネスコーディネーター・波佐間成志(小西遼生)を紹介される。見るからにやり手な波佐間から、「さんしと一緒にビジネスをしたい」と言われた和佳は目を輝かせるが、片岡はそんな2人の姿にモヤモヤし、帰り道に大喧嘩に。東京に置き去りにされる形となった片岡は、帰る手立てを失い、一人迷子になるが……。

一方、汐ヶ崎に戻った和佳のもとに、銀行から「融資を切り上げたい」と唐突に連絡が入る。突如として“倒産危機”に直面した和佳に、挽回のチャンスは訪れるのか!?

PICK UP