真矢ミキの女店主ぶりに注目!松重豊“五郎”が食べたメニューが「一段と美味しそう」

公開: 更新:
真矢ミキの女店主ぶりに注目!松重豊“五郎”が食べたメニューが「一段と美味しそう」
「孤独のグルメ Season5」を見る

松重豊が主演を務める人気グルメドキュメンタリードラマ『孤独のグルメ Season10』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第3話が、10月21日に放送。SNS上では、真矢ミキが演じた女店主に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

みなとみらいで、彼氏との関係に悩んでいる鮫島京子(星野真里)の相談に乗っていた井之頭五郎(松重)。しかし、何をアドバイスしても納得しない京子に埒が明かないと思い、「仕事だから」とその場を後にしようとすると「女心がわかってない!」と言われてしまう。

その後に向かった商談先でも、商談相手の矢沢友江(宍戸美和公)から「どっちのブローチが似合うと思う?」と聞かれ「どっちもお似合いです」と答えた五郎に、友江は「女心が全然わかってないのね」と呆れられてしまう。

思わぬところで体力を消耗した五郎は、「腹が減った」と桜木町で店探しへ。駅から出てすぐの所にあったキッチン・カフェに立ち寄ると、メニュー数の多さに驚く。悩んだ末、「まぐろのユッケどんぶり」と「真鯛のソテー(オーロラソース)」を注文した五郎。口に運んだ瞬間、ごま油が広がるユッケや、オーロラソースが合う真鯛に感動し「鯛もマグロも間違いなしの大当たり!」と顔をほころばせる。

さらに、他の客のメニューに惹かれた五郎は店主(真矢)のオススメを追加注文。「いくらとしらすのどんぶり(ミニ)」「メンチカツ」が出されると、「わかっていらっしゃる!」と大喜びし、口いっぱいに頬張るのだった。

SNS上では、真矢が演じた女性店主が話題に。「姉さんっぷりが最高に似合う」「こんなに元気で明るい店員さんがいたら通う」「真矢さん効果で、一段と美味しそうに見えた」といった感想が見られた。

次回、第4話は10月28日に放送。五郎は東京都練馬区の大泉学園駅を訪れる。