奈緒“和佳”、梅沢富美男“杉浦”の圧力で仲居の仕事を辞めることに!?

公開: 更新:

奈緒が主演を務める『ファーストペンギン!』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第2話が、10月12日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

ペンギンは元来、臆病な動物。そのため多くの敵が潜む海に、なかなか飛び込むことができない。しかし、勇気ある一羽が飛び込むと、仲間たちも次々と荒海へ! その「勇気ある一羽目」のことを「ファーストペンギン」と呼ぶ。この物語は、そんな「ファーストペンギン」のように、縁もゆかりもない“漁業の世界”に飛び込んだシングルマザーと、彼女と共に改革の荒波に漕ぎだした漁師たちの“奇跡の実話”をモデルに、ヒットメーカー・森下佳子のオリジナル脚本で紡ぐ“爽快!リアル・サクセスストーリー”。

第1話では、岩崎和佳(奈緒)が漁師の収入減小という課題を解決するため、漁業組合長の杉浦久光(梅沢富美男)に啖呵を切るシーンが、ネット上で「かっこいい!」「スッキリした!」と話題になっていた。

<第2話あらすじ>
威勢よく啖呵を切ったものの、漁協だけでなく、漁師たちまで敵に回してしまい、孤立する岩崎和佳(奈緒)。

それでもめげずに次の作戦を考え、漁師の片岡洋(堤真一)たちに、「お魚ボックス」の注文が取れたから魚を分けてほしいとお願いするのだが……。

片岡は、漁協の組合長・杉浦久光(梅沢)と約束したからと、魚を1匹も譲ってくれない。

さらに杉浦の圧力は、和佳が勤めるホテルにまでおよび、和佳は仲居の仕事を辞めざるを得ない状況に。従業員寮も出て行かなければならなくなってしまう。

そんな和佳のもとへ、追い打ちをかけるように、農林水産省の溝口静(松本若菜)から、「お魚ボックス」事業の認定取り消しに向けた動きがある、と電話が入る。溝口曰く、申請書類に判をついた統括支店長――通称「統括さん」(伊沢弘)が、「和佳から脅迫され判をつかされた」と漁協に訴え出たらしい。

立て続けに襲いかかる苦難に心折れそうになるも、東京にいる琴平祐介(渡辺大知)に背中を押された和佳は、“ある秘策”を思い付く。

溝口に相談を持ちかけ、「『女』を使えないか?」という和佳だったが……果たしてその思いもよらぬ大胆な秘策とは?

画像ギャラリー

PICK UP