千鳥ノブ、W杯応援サポーター就任で「元サッカー部芸人PKダービー」に挑戦!

公開:
千鳥ノブ、W杯応援サポーター就任で「元サッカー部芸人PKダービー」に挑戦!
最新エピソードを無料視聴

千鳥大悟ノブ)が冠MCを務める『テレビ千鳥』(テレビ朝日系、毎週木曜24:15~)ゴールデン2時間SPが、9月20日に放送。「元サッカー部芸人PKダービー」の企画で、インターハイ出場経験のある又吉直樹ピース)がその実力を発揮し、SNS上では「キック力すごい」「カッコいい」などの反響が寄せられた。

同企画は、『FIFAワールドカップ カタール2022』テレビ朝日・ABEMAワールドカップキャスターを務める矢部浩之ナインティナイン)、強豪校・仙台育英の10番・尾形貴弘パンサー)、北陽高校の又吉、そしてノブの4名が、ゴールキーパーの元日本代表・本並健治、そして昨年引退したばかりの元湘南ベルマーレ・秋元陽太を相手に10本シュートを打ち、誰が一番多くゴールを決めるかを競うもの。キーパーは交替制で、本並が3本、秋元が4本、そして最後の3本は再び本並が務める。

冒頭、「今日はサッカーをします!」「今年から俺サッカーキャラでいきますから」と宣言するノブは、高校3年間サッカー部に所属し、センターFWとして腰シュートで1点獲得したことがあるというエピソードを披露。矢部と共に『FIFAワールドカップ カタール2022』では応援サポーターを務めると発表し驚きの声が上がる。

ハンデとして通常の1m前から蹴るというルールが説明され、トップバッターの又吉がペナルティエリアへ。目標をたずねられると「7本くらいいきたいですね」と言ったあと、「4、5本を目指します」と控えめに訂正。それでも秋元に1本止められた以外は9本の華麗なゴールを決め、後に続く尾形、矢部にプレッシャーを与える。そして最後は、これまでサッカーキャラを出してこなかったノブがトリを務めることに。果たしてどんなシュートを放つのか……?

SNS上では、又吉の実力に「蹴り方もスピードも違う」「決めすぎ」「カッコいい」「キック力すごい」「ハイスペック!」といったコメントが相次いだ。

PICK UP