平手友梨奈​​、ロングヘア&大人雰囲気の“2022年版葵”に「ビジュ爆発」

平手友梨奈​​、ロングヘア&大人雰囲気の“2022年版葵”に「ビジュ爆発」
最新エピソードを無料視聴

竹内涼真主演の木曜ドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第11話が、9月15日に放送。ネット上では、健気に気持ちを伝える麻宮葵(平手友梨奈)に応援の声が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

同作は韓国の大ヒットドラマ『梨泰院クラス』のジャパン・オリジナル版。自分を絶望の淵に追いやった巨大飲食産業「長屋ホールディングス」の会長・長屋茂(香川照之)に復讐を誓った宮部新(竹内)が、六本木に居酒屋「二代目みやべ」を開いて、店のスタッフとともに飲食業界のトップを目指す物語。

​​​​2022年。株式会社RC​​は自社ビルを持ち、多くの社員を抱える会社に成長した。新のスケジュールもパンパン。会社も安定してきたため「こんなに頑張る必要あります?」と問われるが、好きな飲食店、年間売り上げ、時価総額、すべて長屋が1位を独占している。新が「俺は1位になりたい。そのために葵が計画を立ててくれている」と闘志を燃やすと、葵は「はあ……これだから好きなんです」とこぼした。

忙しい最中、葵が新のPCでネックレスを見ていた。「明日買ってください」「いつにします?」と質問。呆れる彼を尻目に、まだ自分に気がないから困っているのだと指摘する葵。部屋を出る際に「愛しています」と囁き、指ハートをして、いたずらに笑った。

2人で仕事をしていると、新のスマホに楠木優香(新木優子)から着信があった。彼女からの誘いを断る新に対し、葵は、恋愛もせずに夜中まで仕事をしているのに“誰かさん”は女とイチャついて……と愚痴をこぼす。すると、新は興奮気味に「俺のことを好きって言うのやめてくれ。俺は葵のことを女として見ていない!」と部屋を飛び出した。

しかし、すぐに戻ってきて「なんで俺が後ろめたく感じなきゃいけないんだ!?」と感情的になった。そんな彼を見た葵は目をパチパチとさせ、嬉しそうに「やっと、私が女に見えてきたんですね」と追及。新はパニックになり「バカなことを言いなさんな!」と再び部屋を飛び出した。

ネット上では、新に対する葵の“好き好き”攻撃に「キュンとまらん」「応援したい」の声が。2022年にロングヘアになり、大人っぽくなった彼女には「ビジュ爆発」「めちゃくちゃ綺麗」との反応があった。

次回は9月22日に放送。新は病気ですっかり変わり果てた茂と再会する。

PICK UP