「俺と恋人として付き合いやがれ!」曽田陵介“幸多”の男前な告白に「キュンキュン」

公開:
「俺と恋人として付き合いやがれ!」曽田陵介“幸多”の男前な告白に「キュンキュン」

曽田陵介とダンス&ボーカルグループ・lol佐藤友祐が共演するBLラブコメ『不幸くんはキスするしかない!』(MBS、毎週木曜25:29~ほか)の最終話が、6月9日に放送。曽田演じる福原幸多と佐藤演じる篠宮直哉のラストシーンに、ネット上では「ニヤニヤが止まらない」と反響が上がっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

多くの大ヒットBL漫画・小説作品を世に生んできたKADOKAWAが新たに立ち上げたBLドラマレーベル「トゥンク」と、『liar』『美しい彼』など近年多くの大ヒットラブストーリードラマを制作してきたMBSがタッグを組んだ初めての作品。不幸体質の幸多が、幸運体質の直哉と大学の新学期に偶然出会う事から物語が始まるラブストーリー。

家に拳銃を持った銀行強盗が押し入り、人質にされた幸多。脳裏には直哉との思い出がかけめぐり、「人生最後の瞬間って、本当に幸せな思い出ばかり浮かんでくるんだな……」と涙を流す。

一方、事件発生をテレビで知り、幸多のもとへ駆けだす直哉。現場に貼られた規制線をかいぐぐり、インターフォンごしに自分を身代わりにするよう訴えかけると、犯人は女性で直哉の美貌に一目惚れし、あっさりと投降。拍子抜けするほどのスピード展開で事件が解決する。

「人質になってるとき、人生終わりだと思ったんだ」と幸多。「同時にもっと生きたいと思った」と続け、直哉との出会いをきっかけに楽しい毎日が過ごせていると告げる。すると「なぁ、一緒に住まない? 俺が近くにいれば普通に過ごせるだろ」と直哉。「俺がいないとこるで、もしまたあんな危険なことがあったら……」と幸多に同居を持ちかけるが、幸多は「ずっと一緒になんていられないだろう」とあっさり拒否する。

実は直哉は入学式の時から幸多を知っていて、不幸体質であることも認識していた。その後、幸運体質の自分を探してやってきてくれた幸多に好意を持つが、友達として「付き合ってほしい」と言われたことが気にかかっていた。直哉は「うその恋人でもいい。俺は幸多の喜ぶ顔が見られるだけで……」と、今まで伝えてなかった気持ちを明かすと、幸多は「俺は不幸だから直哉と一緒にいるんじゃない。俺は直哉のことマジで好きだから一緒にいるんだ! だから素直に俺と恋人として付き合いやがれ!」と思いの丈を告白。あまりの勢いに直哉は思わず吹き出してしまう。

幸多は自宅に帰ると今度はブレーカーが壊れ、再び直哉の家に転がり込むことに。一方、直哉の自宅でもアクシデントが。以前幸多が使っていたベッドが壊れてしまい、2人は1つのベッドで寝ることになり……。

ネット上では、幸多の“男前”な告白やラストシーンが話題に。「キュンキュンする」「イチャイチャに号泣」「ニヤニヤが止まらない」「このままずっと眺めていたい」などの声が上がっていた。