人気声優・入野自由がホスト役を演じる!「狩野英孝さんを参考に」

公開: 更新:

5月16日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第6話に、声優の入野自由が出演する。

原作は、宝島社主催の2021年・第19回「『このミステリーがすごい!』大賞」で、大賞を受賞した新川帆立による同名小説。敏腕弁護士の剣持麗子(綾瀬はるか)と篠田敬太郎(大泉洋)がバディを組み、数々のミステリーを解いていくリーガルドラマ。

第6話は、ナンバー1ホスト・織田信長(土井一海)の死を巡る戦慄のミステリー事件が展開。殺害容疑をかけられたナンバー2ホスト・森蘭丸(味方良介)の弁護にあたる麗子がたどり着く衝撃の真実とは……!? そんな大注目の第6話にこのたび、声優、俳優、歌手として活躍する入野の出演が決定! 被害者、容疑者と同じホストクラブで働く人気ナンバー3ホスト・柴田勝家を演じる。彼らが働くホストクラブ・戦国を訪ねてきた麗子を、入野演じる勝家が応対することに。勝家は信長や蘭丸の近況や彼らの関係性などを麗子に伝える。すると、信長が蘭丸のことを実の弟のようにかわいがっていたことが分かって……。事件をひもとくきっかけとなる重要なシーンに登場する入野。入野が発するホスト調の軽妙なトークと、物語の鍵を握るシーンをどう表現するのかに注目だ。

<入野自由 コメント>
久しぶりのドラマ出演だったので、撮影前はとても緊張していましたが、綾瀬はるかさんをはじめとするドラマチームが作り出すすてきな現場の空気のおかげで、リラックスした状態で臨むことができました。ホストの宣材写真を撮る際に参考資料で見させていただいた写真は狩野英孝さんでした。さて、どんなホストなのか。ぜひご覧ください!

<第6話あらすじ>
ある日、ホストの黒丑益也(望月歩)のもとに「助けてくれ!」と森蘭丸(味方)から電話がかかってくる。黒丑が教会の仮眠室へ慌てて駆けつけると、そこには刃物で刺され絶命したナンバー1ホスト・織田信長(土井)の姿があった。信長はこの教会の信者で、時々この仮眠室を利用していたという。この日、蘭丸と信長は仕事の後2人で飲んでいたそうで、ベロベロになった信長を介抱するためこの場所に1時間ほど滞在。すっかり寝入ってしまった蘭丸が目を覚ました時には、すでに信長は亡くなっていたという。この仮眠室の窓は全て内側から閉められており、防犯カメラにも誰かが出入りした様子は映されていなかった。完全なる密室で起きた殺人事件――。犯行は蘭丸にしか成し得ないはずだが、「俺、やってないです! 助けてください!」と蘭丸は麗子に懇願して……。

画像ギャラリー

PICK UP