浅香航大“吉岡”、中村ゆり“恵子”を思い「コの字酒場ノート」を開く

吉岡としのり(浅香航大)
最新エピソードを無料視聴
吉岡としのり(浅香航大)

中村ゆり浅香航大がW主演を務める真夜中ドラマ『今夜はコの字で Season2』(BSテレ東、毎週土曜24:00~/テレビ大阪、毎週土曜25:00~)が、4月9日からスタート。

同ドラマの原作は、集英社インターナショナルから出版されている同名タイトルの漫画(原作・加藤ジャンプ、作画・土山しげる)。2020年1月クールにBSテレ東で放送された“コの字酒場”が舞台のグルメ&恋愛ドラマの続編だ。

<第1話あらすじ>
広告代理店「シューエイプロジェクト」で働く吉岡としのり(浅香)はマネージャーに昇進した。

シューエイプロジェクト社長・角倉誠(堀部圭亮)と吉岡としのり(浅香航大)
シューエイプロジェクト社長・角倉誠(堀部圭亮)と吉岡としのり(浅香航大)

憧れの田中恵子先輩(中村)はイタリアに行ったきりで、SNSを通じてフードコーディネーターとしての活躍は知れたが、吉岡は連絡を取れずにいた。タッチパネルの店でひとり寂しくビールを飲む吉岡は、恵子から預かったノートを取り出す。そこには恵子が全国を飲み歩いて書き留めた“コの字酒場”の数々が書かれていた。

吉岡としのり(浅香航大)と田中恵子(中村ゆり)
吉岡としのり(浅香航大)と田中恵子(中村ゆり)

翌日、後輩の山田大河(小園凌央)から、蕨での打合せに代理出席を頼まれた吉岡は、恵子のノートにあった蕨のコの字を思い出し、二つ返事で承諾する。打合せが終わり、勇んで「㐂よし」の暖簾をくぐると、懐かしいコの字カウンターが吉岡のことを待っていた。そこに現れたのは……?

画像ギャラリー