ニューヨーク屋敷、占い師からお告げ「チュートリアル徳井と同じ星」

ニューヨーク屋敷、占い師からお告げ「チュートリアル徳井と同じ星」
最新エピソードを無料視聴

ニューヨーク嶋佐和也屋敷裕政)が、4月1日放送の『占いリアリティーショー どこまで言っていいですか?』(テレビ東京系、毎週金曜25:23〜)に出演。今年の運勢について、占い師から辛辣なお告げを浴びせられる一幕があった。

この番組は、イワクラ蛙亭)、サーヤラランド)、内田理央がMCを務める占いリアリティーショー。毎回4人の占い師がゲストを徹底的に占い、本心を丸裸にしていく。

それぞれの占いを受けるなか、占い師の法演はコンビの周りからの印象について「2人とも周りから生意気に思われていて、あんまり好かれていない」とコメント。これに屋敷は「昔からそうやったかもしれない」と納得する一方、嶋佐は「ショックだな」と落ち込んだ表情を見せる。

法演は「2人とも本来は礼儀正しい人」とフォローしつつも、「自分のやりたいことばかりやったりとか、言うこと聞かないとか、どうしても生意気に見えてしまう」といい、「必要以上に頭を下げたほうがいい」とアドバイス。これに対し屋敷は、「芸人さんにはそんなに嫌われてない気がするけど、スタッフさんとかは怪しいですね」と答え、嶋佐も「コイツっすね」と屋敷を指さす。

そんな屋敷の今年の運勢について、元ホストの占い師・斗弥は「仕事運を表す部屋に刃物を持った悪魔がやってくる」と独特の言い回しで警告。法演にいたっては「屋敷さんが失脚するなら今年」「チュートリアル徳井義実さんと同じ星を持っている」と、次々と不吉なお告げを連発し、MCの3人は大爆笑する。

「(屋敷は)調子に乗ってくるときが一番ヤバい」と法演。「『月極駐車場が空いていれば、そこに駐めちゃえばいいじゃん』みたいなゆるさが出てくる」といい、「ご時世的にそこを突かれるとスゴく危険」と釘を刺す。その一方で、嶋佐には「リーダーになる星がきてる」とコメント。シングルマザーがシングルになったときなど、離別に伴い1人で活躍する際に出る星だといい、「(この2つが)合わさるとちょっと怖い」と語る。

2人が不安な表情に包まれるなか、占い師のオッティモちゃんは「いいこと言います!」とポジティブなお告げを披露。嶋佐は「42歳でフェロモンのダムが決壊する」といい、「何もしなくても女性が落ちるようになる」と語るが、屋敷について聞かれると……。

次回4月8日の放送では、引き続きニューヨークを無慈悲な占いが見舞う。

PICK UP