綾瀬はるか、大泉洋との初共演「想像以上に面白い」

綾瀬はるか、大泉洋との初共演「想像以上に面白い」
最新エピソードを無料視聴

綾瀬はるかが、4月11日にスタートする“月9”ドラマ『元彼の遺言状』(フジレビ系、毎週月曜21:00~)の記者会見、共演の大泉洋関水渚浅野和之らと出席した。

本作は、宝島社主催の2021年第19回『このミステリーがすごい!』大賞で大賞を受賞した新川帆立による同名小説をドラマ化。主人公の元彼が残した「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言を受け、主人公が依頼人と共謀して遺産を狙う破格の遺産相続ミステリー作品。女性弁護士がミステリーを解決するという異色の痛快推理劇として、原作の世界観はそのままにドラマオリジナルのエピソードも描いていく。

綾瀬はるか
綾瀬はるか

初の弁護士役に挑む綾瀬は、演じる剣持麗子を「言いたいことをズバズバ言ってよくしゃべる、頼もしい強い女性」と言い、「食べるシーンが多くて、よく食べてます」と照れ笑い。一方、大泉は麗子に遺産山分けの提案を持ちかける謎の依頼人・篠田敬太郎を演じるが、「私の紹介文だけ魅力がなかった。『定職につかず、ブラブラしている男、大泉洋さんです!』みたな感じで」と開口一番ぼやき、「謎多き男です」とアピールしていた。

大泉洋
大泉洋

綾瀬と大泉は今回初共演になるが、綾瀬が大泉のことを「想像以上に面白いですよ!」と切り出し、大泉は爆笑。だが、大泉は「想像以上に面白いって言ってくれるけど、『どんなところが面白かったの?』って聞くと、『ひとつも思い出せない』って」と暴露し、綾瀬は苦笑いしながらも「今結構、溜まってますから」と弁明していた。

一方、大泉も綾瀬について「綾瀬さんほど面白い人はいないです。バラエティとかを見ていて、相当面白いんだろうなと思っていましたけど、そこはもう超えてきましたね」と明かし、「現場は爆笑に次ぐ爆笑です」と感慨深い様子でコメント。

さらに「この女優さんはすごいです」としみじみと切り出し、「芝居は完璧にこなすけど、程よくNGも出して、そのNGの引き出しが多いんです」と言及。続けて、噛んだり、自身のセリフを綾瀬が言ったりするという話を披露し、綾瀬らを爆笑させていた。

綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるかと大泉洋

綾瀬と大泉との共演シーンが多い関水は、「2人ともすごく面白くて。毎日すごく楽しいです」とニッコリ。また、浅野も2人のことを「魅力抜群です」と明かすも、大泉については「謎も何にもない。さっきからずっとしゃべっている」と、大泉を笑わせていた。

綾瀬はるか、大泉洋、浅野和之
綾瀬はるか、大泉洋、浅野和之

今作では、生田斗真が物語のキーパーソンで麗子の元彼役として出演。記者から生田の印象について聞かれた綾瀬は、「ちゃんとお芝居したのは初めてでしたが、爽やかな人。みんなと仲が良くて、人懐っこい方」と言い、「現場では『ジムに行ってる?』とか、『洗濯機あそこのいいよ』とかそんな話をしてました」とエピソードを披露。大泉も「生まれたばかりだから子供の話も多かったですね」と打ち明けていた。

また、大泉には「現場でミステリアスだと思う方は?」という質問が。大泉は“綾瀬だ”と答え、「いろんなことが謎めいてます。ものすごく食べる役で、撮影でもいっぱい食べなきゃいけない。スケジュール見てわかってるはずなんだけど、その前にすごく腹いっぱいにしてくるんですよね。なんで飯食ってくるの?」と綾瀬に質問。すると、綾瀬は「お弁当出されると食べちゃうんですよね。セーブできない。差し入れもあると食べちゃうし。食いしん坊が過ぎてますね」と苦笑いしながら返すと、「それでこのスタイル…」と不思議がっていた。

関水渚、綾瀬はるか、大泉洋、浅野和之
関水渚、綾瀬はるか、大泉洋、浅野和之

画像ギャラリー