東京在住の人に聞く、大阪のここがイヤ!『関西弁』『声がデカい』5位はどっち?

公開: 更新: 読みテレ
東京在住の人に聞く、大阪のここがイヤ!『関西弁』『声がデカい』5位はどっち?

2023年最初の「そこまで言って委員会NP」は、その年になにが起こるか予測する「ガチャポン大予測」。その合間に、正解者には松葉ガニや梨、日本酒など、鳥取県から提供いただいた豪華賞品が当たるクイズ、「5位を当てましょう」も行われ、番組の誇る論客陣が目の色を変えて挑戦した。

最高級ブランド『鳥取和牛オレイン55(ゴーゴー)』をかけた問題は、「東京在住の人に聞く、大阪のここがイヤ!」。
『エスカレーターの並び位置』『関西弁』『声がデカい』『せっかちが多い』『治安が悪そう』『東京に対してライバル意識を持ちすぎ』『阪神ファンがウザい』『服装がダサい』『料理の味が薄い』『笑いに厳しい』これらの候補の中で、東京在住の人へのアンケートで5位になったのはどれかを当てるのだ。1位なら簡単そうだが5位を当てるのは結構難しそう。

©ytv (13861)

まず門田隆将氏(作家・ジャーナリスト)はこう回答。
「私は高知県生まれだから、関西人に近い。『東京に対してライバル意識を持ちすぎ』が5位あたりに入ってくる気がする。」
意外にこれは2位で、一同「多いですねえ」と驚いた。

続いて森永卓郎氏(経済評論家)が回答。
「これは私の気持ち、『阪神ファンがウザい』。甲子園に野球を見に行ったとき、7回表で 帰ろうとしたら、阪神ファンが『なんで帰るんや』と言うので『最終の新幹線に今出ないと間に合わない』と言ったら、『お前これからラッキー7やで!?』と羽交締めにされた。」
その『阪神ファンがウザい』は6位で、惜しかった!

次は竹田恒泰氏(作家)が悩む。
「私は関西弁好きですが、『関西弁』も上位に来そう。ここはこれにしよう。『料理の味が薄い』!」
だがこれは9位で大きくハズレ。
そして大空幸星氏(NPO法人「あなたのいばしょ」理事長)はこう回答。
「『治安が悪そう』。ひしひしと感じる。なんば地区の近くにNPOの大阪オフィスがある。夜中に歩いているとすごい。『おかえりなさい!』って大声で言ってくれる知らないお兄ちゃんとかがいる。ただ、いいところもいっぱいあるから、1位とか2位ではないなと思う。」
関西人に気を遣いつつの予想だったが、『治安が悪そう』は3位。思いのほか高かった。

田嶋陽子氏(元参議院議員)は
「私はここ(大阪・読売テレビのスタジオ)に通い始めて18年目。でもどの選択肢もピンと来ない。大阪の人たち大好き!ただ、いつも大阪を意識するのは『エスカレーターの並び位置』」
これは意外に低く10位。
山口真由氏(信州大学特任教授)は『川に飛び込む人が多い』と選択肢にない答えを言ってボケた後、『笑いに厳しい』と回答したが、これは7位だった。

古舘伊知郎氏(フリーアナウンサー)はこう回答。
「あのミナミの帝王とか、ヒョウ柄のおばちゃんとか色々含めて、ファッションが派手でダサいという東京の偏見があるような気がする。」と『ファッションがダサい』を選んだが、これは8位。
宮家邦彦氏も悩みつつ『せっかち』を選んだが、惜しくも4位だった。

論客たちが全員外し、番組政策秘書・野村明大アナに回ってきた。
残りは『関西弁』と『声がデカい』の2択だ。
「関西弁が1位ってことはないと思う。だって関西弁が1位って言われたら関西人の立場がないから。」と、5位は『関西弁』だと回答。
答えをめくると、お見事!『関西弁』が5位だった!
「盛り上がりに水を刺しちゃって申し訳ない。」と言いつつ、高級牛肉に嬉しそうな野村アナ。
となると、1位は『声がデカい』ということになる。
「関西人、そんなに声デカくないよ」という論客たちに対し、
「ここにいる人たちはみんな関西人より声デカいから。」と返す野村アナ。

「ガチャポン予測」の方では「解散総選挙」「ウクライナ危機」「爆買い中国人」「防衛増税」「コロナ5類変更?」「憲法改正発議」「Twitter衰退」を予測した。並んだお題を見るだけで今年も大変な年になりそうだ。2023年の番組の議論もヒートアップしそうで楽しみだ。

【文:境治】

PICK UP