永野芽郁“雨”の聴覚が失われるまで1週間…山田裕貴“太陽”への頼み事とは?

公開:
永野芽郁“雨”の聴覚が失われるまで1週間…山田裕貴“太陽”への頼み事とは?

永野芽郁が主演を務める月9ドラマ『君が心をくれたから』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の最終話(第11話)が3月18日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

本作は、純愛小説の名手・宇山佳佑によるオリジナル脚本。主人公・逢原雨(永野)が、かつて心を通わせた男性、朝野太陽(山田裕貴)のために自分の“心”を差し出す宿命を背負うことから始まるファンタジーラブストーリー。なお現在TVerでは、第1話~第3話、ダイジェスト動画などが配信中。

先週放送された第10話は、太陽の花火が打ち上げられる直前に雨の視覚が失われてしまう。雨は「綺麗!」と嘘をついて……。ネット上では、雨の優しい嘘に「涙が止まらない」「辛すぎる」「見せてあげてよ」とのコメントがあった。

<最終話あらすじ>
桜まつりの夜、逢原雨(永野)は、朝野太陽(山田)が作った最初で最後の花火を見ることができなかった。視覚を失うタイムリミットに間に合わなかったのだ。それに気付いた太陽は、悔しさを堪えきれずに嗚咽する。そんな太陽に、雨は「10年間願い続けた夢を叶えてくれて、本当に本当に、ありがとう」と伝えて笑顔を見せた――。

日付が変わる午前0時。五感のうち残された最後のひとつ「聴覚」が失われるまでのタイムリミットが表示される。それは1週間後の3月31日午後4時だった。日下(斎藤工)からそれを教えられた雨は、線香花火の勝負で勝ったから、と言って太陽にひとつ頼み事をする。桜まつりからの帰り道、太陽は「雨の心を支える言葉を伝えるよ」と約束していた。雨は、聴覚がなくなるとき最後に聴くのはその言葉がいい、と太陽に頼むと、それまでの間ふたりでたくさん笑おうと約束する。

雨と太陽は、長崎孔子廟や眼鏡橋を訪れたり、もう一度観覧車に乗ったりして幸せな時を過ごす。その間も、雨に伝える言葉を考え続ける太陽。そして3月31日、雨が最後に行きたいと言ったのは、ふたりが出会った場所だった。春陽(出口夏希)にメイクをしてもらった雨は、太陽と一緒に長崎県立長崎高校を訪れるが……。

画像ギャラリー

PICK UP