門脇麦“ありす”&永瀬廉“倖生”の親を死に追いやったのは?「ミステリー総まとめ」TVerで配信!

公開:
門脇麦“ありす”&永瀬廉“倖生”の親を死に追いやったのは?「ミステリー総まとめ」TVerで配信!

門脇麦が主演を務める『厨房のありす』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)。このほど、スペシャル動画「ミステリー総まとめ」が民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料配信スタートした。

本作は生きづらさを抱える人々が織りなす少し切なくて温かい“新時代のハートフル・ミステリー”。現在TVerでは、本編のほか、ダイジェスト、オリジナルコンテンツなどが配信中。

3月3日に放送された第7話のラストでは、八重森心護(大森南朋)が「倖生くんのお父さんは、横領なんかしてない……全部濡れ衣なんだ……」と衝撃告白。ストーリーが進むごとに解き明かされる、八重森ありす(門脇)と酒江倖生(永瀬廉)の家族にまつわる多くの謎が、SNS上でも話題となっている。

ありすの母・五條未知子(国仲涼子)が亡くなった25年前の火事は、放火殺人だった!? 倖生の父・十嶋晃生(竹財輝之助)の自死のきっかけとなった横領事件は、えん罪だった!?

真実を知りうるキーパーソンは、五條製薬の研究所で働いていた3人。ありすの育ての父・心護、未知子の姉・五條蒔子(木村多江)、そしてその夫・誠士(萩原聖人)。彼らのうちの誰かが、真犯人なのか? それとも他に黒幕が……!? ありすの祖父で五條製薬CEOの五條道隆(北大路欣也)も、一枚噛んでいる可能性がある。

心護が、「あの火事が事故じゃないこと、お前は分かってるだろ」と誠士に詰め寄り、誠士は「バレて困るのはお前だろ」と返す。ハートフルなエピソードの合間に、点々とちりばめられたヒントと伏線、見落としているかもしれないポイントを、ギュッとまとめて紹介するスペシャル動画「ミステリー総まとめ」がTVerで配信スタートした。

「幸せになってほしい!」と応援の声が寄せられる、ありすと倖生。共に真実と向き合う決意をした2人の運命をゆるがす、過去の事件の真実とは? 

<第8話あらすじ(3月10日放送)>
「倖生くんのお父さんは、横領なんかしていない……全部濡れ衣なんだ」――父・心護(大森)の告白に、八重森ありす(門脇)と酒江倖生(永瀬)は驚き言葉を失う。9年前、五條製薬の研究所の所長だった十嶋晃生(竹財)は横領の罪をなすり付けられ、自ら命を絶ったというのだ。なぜ晃生は死を選んだのか? 理由を知った倖生はショックを受ける。

倖生のことが心配で仕方がないありすは、なんとか励まそうと奮闘。一方の倖生は、三ツ沢和紗(前田敦子)に「元気よく振る舞ってみれば?」と言われて空回り。すれ違う2人が初めてケンカに!?

そんな中、五條蒔子(木村)の前には、横領事件の真相を知る人物が現れる。

好きな人を支えたいのに、空気が読めないし、気も使えない。そんなありすが見つける答えとは……? そして、過去の2つの事件がつながり始める――!!

PICK UP