丸山礼、初めての“ラブ”あり主演ドラマに緊張「自分のキャラを封印しないと…」

公開:
丸山礼、初めての“ラブ”あり主演ドラマに緊張「自分のキャラを封印しないと…」

丸山礼さんがTBSドラマ初主演を務めるドラマ『すっぴんヒーロー』(TBS ※一部地域を除く)が、2月24日(土)14時より放送されます。

昨年初主演を務めた『ワタシってサバサバしてるから』(NHK)では、“自称サバサバ女”の強烈キャラクターを熱演した丸山さん。本作で演じる広岡ひろこは、スーパーマーケットの店員として働く傍ら、町の平和を守るために日々こっそりと活躍するスーパーヒーロー。しかし、ひろこには変身すると“すっぴん”になってしまうという悩みがあって……。ヒーローとしての責任感と、好きな人に“すっぴん”を見られたくない乙女心の間で葛藤する“すっぴんヒーロー”は、町の平和と恋心の両方を守ることができるのでしょうか?

ひろこが恋する警察官・藤崎役を務めた渡邊圭祐さんも同席。現場の雰囲気の良さやお互いの信頼感がうかがえる和気あいあいのトークをお届けします。

役作りで眉のお手入れを中止「ボッサボサ」

――オファーが決まったときのお気持ちをお聞かせください。

丸山:遅れて興奮がやってきたという感じでした。これまで“ラブ”は演じたことがなかったので、その時点ですごく緊張しました。今まではコントのような役柄が多かったので、自分のキャラを封印しないといけないのではないかという心構えをしてしまいました。

渡邊:(笑)。

丸山:笑わないでもらっていいですか(笑)。

渡邊:キャラを封印、と言う割には「丸山節」が炸裂していたのではないかと思った笑いですね。僕自身は初めて硬い役(警察官)を演じるので楽しみでした。

――役に向けての準備はされましたか?

丸山:“すっぴんヒーロー”なので、ヒゲが生えていたり、毛穴が開いていたりしたらどうしようと思っていたのですが、(リハーサルで)すっぴんになったときに、もっとメイクしているときとの差がほしいとなったので、眉毛は1か月くらい手入れをやめてボッサボサにしました。あとは、スーパーの店員役なので電車で移動するようにしたら、電車の中でメイクしている人がいて、「うわ。これこれこれ! これ見れて良かった」と思いました。

渡邊:僕は普段通りの生活を心がけていました。信号は守るみたいな。

――お互いの第一印象は?

丸山:顔面の余白がない! 私は拡大コピーという感じなのですが、私が150%だとしたら、彼は表示30%ぐらいの印象を最初は抱きました。あと、撮影前に舞台などを見させていただいたのですが、カッコいいスラッとした人という印象だったので、「キャー! めっちゃ私のこと見てる」と舞い上がりました。

渡邊:テレビやYouTubeで拝見していたので、明るい方なんだろうなという印象を持っていました。(実際に共演して)ものすごく真面目だし、すごく不器用なんですよ。例えば今の取材でも結構スラスラ言葉を楽しそうにしゃべるじゃないですか。でも別の方向から「丸山さんお願いします」と言われると、すごく怖い顔になって(笑)。

丸山:2つのことを同時にできません。

渡邊:だから1個のことに全力を注ぐ人だなという印象ですね。

丸山:それを撮影の最初の日に言われて。「あ、見抜かれちゃった」と思いました。でもその後は、「今こうしたらいいですよ」「今こっちに来てください」「今こうしてください」という風にたくさんサポートしていただきました。お兄ちゃんのような存在です。

――現場の雰囲気はいかがでしたか?

丸山:リハーサルを綿密に行ったうえでの撮影だったのですが、お茶目な監督のもと、和気あいあいとした現場でした。重いシーンがあっても、時間に追われている中でも、いい空気感で撮影が行えたと思います。

渡邊:本当にその通りで、楽しい作品でもあるので、見ている人にホットな気持ちを与えられるような空気感だったと思います。

妄想シーンでは本領発揮!?

――撮影で印象に残ったエピソードはありますか?

丸山:コメディの経験はありましたが“ラブ”は初めてだったので、演じるのが楽しかったです。渡邊さんと至近距離になることが何回もありましたし、抱きかかえていただくことも何回もありました。でもお腹は空くのでご飯は食べちゃって。(控えようということに)気が回らなかったのが心残りです。妄想シーンについては本領を発揮させてもらいました。リハーサルからすごく笑っていましたが、面白かったですか?

渡邊:面白かったです(笑)。

丸山:良かったです。違う世界観に行ってしまう妄想癖のあるひろこさんなので、そこは没入していただけたら嬉しいですし、2人でそのシーンに合うコスプレもしました。

渡邊:本読みの時点でまず面白かったんですよ。声だけで面白くて。想像を超えてくる本読みがあって、そして想像を超える撮影があって。だからカメラに映らないときは基本的にニヤニヤしていましたね。

――撮影中のハプニングや裏話があれば教えてください。

丸山:渡邊さんにイナバウアーして抱えてもらうシーンがあるのですが、そこで腰を痛めました。イナバウアーは多分100回ぐらいやったと思いますね。ちょっとよろけて抱えてもらうシーンなのですが、すごく後ろに反るので、顔の距離が近くて皮膚の香りまで嗅いでしまうハプニングもありました。

――ご自身にとって“ヒーロー”となる人はいますか?

丸山:やっぱり、芸能界に入るときからモノマネさせていただいているロバートの秋山(竜次)さんがヒーローです。この間、福岡空港で「礼ちゃん」って呼ばれて、「誰だろ?」と思ったら秋山さんで。「俺みたいな女がいると思った」と言われて、カッコいい! と思いました。秋山さんに憧れて芸能界に入って良かったと思いますし、秋山さんは演技も上手で大河ドラマにも出られているし、すごくカッコいいヒーローです。

渡邊:家族ですね。「カッコいいな」と思いながら育ちました。

――最後にドラマの見どころをお願いします。

丸山:ひろこさんは普段はスーパーで働いている女の子ですが、過去のある出来事をきっかけに猛特訓をして、変身するとすっぴんになってしまうというところには納得がいってない“すっぴんヒーロー”なのですが、たまたま出会った警察官・藤崎さんとのちょっとした“ラブ”も見られますし、すっぴんでも毎日頑張る女性たちも出てきますし、そういう人たちの背中を押してあげられるような作品です。

私は「幸せになっていいのかな?」と毎日思うのですが、ひろこさんのフィルターを通したときに、藤崎さんもですが、ひろこさんの周りを取り巻く環境で、いろいろな人たちと手を取り合いながら幸せになっていいんだ、無条件にみんな幸せになる資格があるんだ、と私は思えたドラマなので、皆さんにもそういうことを感じ取ってもらえたら嬉しいです。

渡邊:今回プロデューサーさんがすごく熱い思いを持って、初めての企画を通した作品なんです。そこに全員が力を合わせて今回の作品を作ったという背景があるので、本当にいろいろな人の背中を押せる作品ができたと思います。ぜひその点も考慮して見ていただけたらより楽しんでいただけると思います。

(取材・文:佐藤文子)

画像ギャラリー

PICK UP