尾上松也“刑事・神林”&波瑠“検査技師・久留米”、坂東彌十郎演じる理事長の死に違和感

公開: 更新:
尾上松也“刑事・神林”&波瑠“検査技師・久留米”、坂東彌十郎演じる理事長の死に違和感
最新エピソードを無料視聴

反町隆史が出演を務める『グレイトギフト』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)第2話が、1月25日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

本作は、完全犯罪の殺人を可能にする未知の殺人球菌「ギフト」をめぐるかつてないサバイバル医療ミステリー。現在TVerでは、本編のほか、制作発表記者会見、それぞれの役柄が分かるキャラクター動画、現場からのタレコミトーク企画が配信中。

前回の第1話では、院内で急死した元総理大臣の遺体から、病理医・藤巻達臣(反町)が未知の球菌を発見。しかも、より良い医療提供を志すS級心臓外科医・白鳥稔(佐々木蔵之介)が、この球菌の存在を知って暴走。闇深き医療界を改革するという崇高な理念のもと、あろうことか藤巻が密かに培養していた球菌を悪用し、権力争いで敗北したライバル・奥野信二理事長(坂東彌十郎)を殺害してしまう。

初回から物語はフルスロットル――藤巻が各所で渦巻く黒い陰謀に翻弄される中、白鳥がいきなり闇堕ちする衝撃ラストに、視聴者もSNS上で「白鳥先生の闇堕ち」「白鳥先生、怖い」と騒然! また、白鳥が殺人球菌を「ギフト」と名付けたことを受けて「まさかのタイトル回収!」と、興奮冷めやらぬポストも。「球菌の正体メッチャ気になる」「1話目からすごい展開」「黒岩勉、どういう展開に持っていくの!?」と、想像の斜め上を行く物語構成に驚く人も続出した。

さらに、“うだつの上がらない男”という自身のイメージを覆す役を演じる反町や、波瑠ら豪華キャストの競演にも「うだつの上がらない反町隆史とか、我が道を行く波瑠とか、見たことない感じのミステリーが良いぞ」「あなたモテないでしょって言われる反町さん、珍しいw」「なんか続々とすごい人が出てくる」「怪しいキャストしかおらん(笑)」と、熱い声が続々。そんな中、反町&佐々木&津田健次郎の白衣トリオにも「イケオジのぶつかり合い」といった、眼福ポストも多数寄せられた。

約1Lの水に対してわずか5mlという低濃度であっても、一口飲んだだけで1分以内に心停止を招くほど強力な殺人球菌「ギフト」。しかしその実態は、真犯人の正体共々、まだまだ多くの謎に包まれている。

口腔から取り込まれた球菌は、胃から血管へ侵入し、心臓に到達。心不全を誘発した後、血流に乗って右頸部の頸動脈洞に集まり、宿主が死亡すると、自らが生き延びるため皮下組織内に嚢胞を作る。しかし、温度が30度以下になると活動は鈍り、人体の中であれば宿主の死後12時間で完全消滅。体外の環境下でも、温度が下がるごとに消滅までの時間が短くなる。

そのため、遺体を解剖しても球菌の発見は非常に難しく、急性心不全と診断されてしまうことに。感染したかどうかを見分けるポイントは右頸部に残る黒いシミと胃の粘膜に残るわずかなダメージだが、そもそも世に公表されていない球菌であるため、異変に気づくのは至難の業。

さらに、不可解なのが感染経路。飛沫や接触で感染するのであれば、院内で次々と感染者が現れるはず。ところが現状、ギフトの犠牲となった入院患者は元総理大臣と居酒屋店主の2人のみ。つまり、この2人には何者かが意図的に球菌を飲ませた可能性が高い。

そんな中、「私の球菌を勝手に使いましたね。代償を払っていただきます」――白鳥が球菌を悪用して奥野理事長を殺した直後、藤巻に届いた脅迫状。あの消印のない脅迫状を書いた“真犯人”と、藤巻が第2話で決死の直接対決を繰り広げることに!? 進むも地獄、退くも地獄――最悪の窮地に追い込まれた藤巻が選ぶ道とは一体?

第2話では脅迫状の差出人のみならず、さまざまな人物が藤巻を追い詰める。なんと、奥野理事長の死にある違和感を覚えた警視庁の元捜査一課刑事・神林育人(尾上松也)が行政解剖を決断。白鳥から殺人の証拠隠滅を命じられた藤巻は、良心の呵責に苛まれながらも、遺体の中にまだ残っているギフトを消滅させようとするが……。

友情を築きつつあった神林の鋭い観察眼に、心中穏やかではない藤巻。そんな藤巻に、これまた奥野の死に疑念を抱いた検査技師・久留米穂希(波瑠)が接近。2人の関係にも新たな進展が!?

さらに、物語は最後の最後までとめどなく加速――あろうことか、藤巻の目の前で新たな病院関係者がギフトの餌食となってしまう。はたして、新たな犠牲者とは誰なのか?

画像ギャラリー

PICK UP