サウナの心地よさを再認識…原田泰造“ナカタ”、三宅弘城“偶然”、磯村勇斗“蒸し男”の登場に「待ってました」

公開:
サウナの心地よさを再認識…原田泰造“ナカタ”、三宅弘城“偶然”、磯村勇斗“蒸し男”の登場に「待ってました」

原田泰造三宅弘城磯村勇斗がサウナー(サウナ好き)役で出演する『サ道2023SP』(テレビ東京系)が12月24日に放送。ネット上では、帰ってきた最高のサウナドラマに多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

ナカタアツロウ(原田)、偶然さん(三宅)、イケメン蒸し男(磯村)の3人が久しぶりに再会。今回は、ナカタがサウナカーを借りて、3人で旅をすることに。3日前に急に誘ったのだが、なんとか集まることができた。

車内では、3人でサウナトーク。身の上話をするなかで、「最近は、プライベートサウナが多いですね」と蒸し男。「取引先の社長とか、サウナ好きな人が増えたので、プライベートサウナだと、そのまま商談ができて便利なんですよ」という。

買い出しをしていると、蒸し男が仕事の電話をしているのを聞いてしまったナカタ。どうやら、重要な案件を抱えているらしい。何度も電話がかかってきているが、彼は大丈夫だという。ナカタは、彼の本心を見透かし「そう言いつつ、気になってしょうがないんじゃないの? ま、蒸し男くんの好きにすればいいけど」とやさしく話しかけた。

それでも、電話はかかってきた。ナカタが車の鍵を渡して「これで東京戻りな。サウナは逃げないよ」と述べると、偶然さんも「サウナも私たちも待ってるから」と声をかけた。その後、2人でサウナを堪能した。

一旦東京に戻っていた蒸し男が帰ってきた。そして3人でサウナを楽しむ。外気浴をしながら蒸し男は「忘れてました。サウナがこんなに心地よいってこと」とポツリ。自身の思いを語ると……。

ネット上では、久しぶりの『サ道』放送や、サウナシーンもたっぷりと流れたため「待ってました」「おかえり」「最高でした」とのコメントがあった。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、過去シーズンが配信中だ。

PICK UP