志尊淳“海”、高橋文哉“岳”の力を借りて料理の世界に戻ることを決意

公開:
志尊淳“海”、高橋文哉“岳”の力を借りて料理の世界に戻ることを決意

高橋文哉志尊淳がW主演を務めるドラマ『フェルマーの料理』(TBS系、毎週金曜22:00~)の最終話(第10話)が、12月22日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

小林有吾による同名人気漫画をドラマ化した本作。数学者を志していたが、挫折した天才数学少年・北田岳(高橋)と、カリスマシェフ・朝倉海(志尊)が出会い、数学的思考で新しい料理の扉を開く。現在TVerでは第1話、ダイジェスト、制作発表なども配信されている。

先週放送された第9話は、行方不明となっていた海に岳が会いに行き、「海さんが僕の感覚を理解してくれて、導いてくれた唯一の存在でした」などと熱い思いをぶつけるシーンが話題に。ネット上では「力強い」「プロポーズみたい」「涙腺崩壊」とのコメントがあった。

<最終話あらすじ>
北田岳(高橋)の力を借りて料理の世界に戻ることを決意した朝倉海(志尊)。しかし、海にとっての師匠であり神である渋谷克洋(仲村トオル)はそれを認めようとしない。渋谷は2人の料理を食べに翌日「K」へ行くと宣言し、それが真理の扉を開くものでなければ、二度と料理はするなと海に約束をさせる。

渋谷克洋(仲村トオル)
渋谷克洋(仲村トオル)

急いで渋谷に挑むための準備を始めようとする岳と海だったが、そこに赤松蘭菜(小芝風花)が現れ、「ここで岳に料理はさせない」と言い放つ。さらに海の体調にもやはり異変が訪れて……。

画像ギャラリー

PICK UP