生涯現役!?100歳まで生きるギネス記録保持者の生活スタイルに「尊敬しかない」

公開: 更新:
生涯現役!?100歳まで生きるギネス記録保持者の生活スタイルに「尊敬しかない」
最新エピソードを無料視聴

11月29日に放送された『それって!?実際どうなの課』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週水曜23:59~)では、「100歳まで生きる「長寿の秘訣」を本人に聞いてみる」と題し、2人の101歳の女性にインタビューを実施。SNS上では、この2人の生活スタイルや長生きの秘訣に驚きや尊敬の声が上がった。

東京都目黒区在住の女性は、大正11年生まれの101歳。薬剤師として現役で働くギネス世界記録保持者だ。「自分では何も意識せず生きてきた」と、長生きの秘訣はないと答える女性だが、仕事に関する専門書など本を読み勉強するのが日課で、食事は肉や魚などのたんぱく質を摂取、飲み物は夏でもホットを好むという。

また、朝起きたら階段の上り下りを多いときで5往復、室内の移動はつま先立ちで、毎日お客様にお手紙を書くことを続けている。そんな女性の楽しみはひ孫の成長。「喜んだりしている顔を見ると、やっぱり生きていてよかったな」と、ひ孫が小学校に入学するまで4~5年だと話し「すごく生きていたい」と意欲を見せる。

2人目の101歳の女性は北海道滝川市に在住。長生きの方法は「いつも笑い顔でいるほうが元気の素と思います」とにっこり。洋服屋を営む女性は73年間働き、現在も年中無休で接客。その分、夜はぐっすり眠れるそうで、22時に寝て7時に起きる生活を送る。

ほかにも、こぶ茶を毎日飲み、そろばんで計算をする、部屋の乾燥を防ぐといった生活が明かされた。本人は「趣味なんかしとる暇ないもん」と話すが、常連兼友人が店に顏を出すと「明日あたり飲まんか?」とお誘い。週に1度ほどお酒を交わし食事を楽しむ時間を持つという。

SNS上では、2人の元気ハツラツとした様子に「尊敬しかない」「若々しい」「すごい」といった反響が寄せられた。

なおTVerでは『それって!?実際どうなの課』ゴールデン2時間SPも配信中。森川葵のスポーツスタッキングの世界大会の模様とチャンカワイWエンジン)のアフリカ大地での視力回復の検証が行われた。

次回は12月6日に放送される。
※未確認です。

PICK UP