「名探偵津田」新作! みなみかわ参戦&“もうひとつの事件”の存在に「深さがすごい」

公開:
「名探偵津田」新作! みなみかわ参戦&“もうひとつの事件”の存在に「深さがすごい」
最新エピソードを無料視聴

ダウンタウン浜田雅功松本人志)が冠MCを務める『水曜日のダウンタウン』(TBS系、毎週水曜22:00〜)11月8日は「犯人を見つけるまでミステリードラマの世界から抜け出せないドッキリ、めちゃしんどい説」第2弾として、津田篤宏ダイアン)が主人公の「名探偵津田」シリーズ新作が放送された。

ニセ番組のロケで長野県の小さな村を訪れた津田は、村の女性から「今日はお祭りがあり、村長が一軒一軒回って村に伝わる舞を踊る」という話を聞き、村長を取材させてもらうことに。指定された時間に家を訪れると、村長が血まみれの姿で納屋に吊るされ、死亡しているのが見つかる。

状況を察した津田は「もうええってマジで」「何でまた俺でやんねん! 別のやつでやれやもう」と怒りが大爆発。村の人が懇願するなか「今日はホンマごめんなさい」と帰ろうとするが、広報の男性が里帰り中の若い娘を連れてくると顔をほころばせ、一転して快諾。ノートを片手に村中を歩き回り、関係者へ話を聞きはじめる。

村の高齢女性から聞いた手毬唄には事件との関連を感じさせる歌詞があり、村に伝わる「手毬唄の呪い」の存在が明らかになる。さらにその後、遅い昼食の席では男性が泡を吹いて死亡。「この食事には毒が含まれているかもしれない」と村の医師が呼びかけるなか、空腹と疲れでいらだった津田は「いいよ俺食うよもう」「俺絶対死なへんから」と食事に手を付けようとし「人が死んでるんですよ」と制止される。

津田は状況を整理するなかで、食事のメニューにキノコが含まれているのを発見。1週間前、タクシーの車中で聞いた毒キノコの話を思い出し「あー怖っ」「あーサブイボ出た」と戦慄する。さらにその晩「怪しい男が村に来た」という知らせを聞いて現場に向かうと、そこには素の表情で呆然とたたずむみなみかわが。「何これ?」「いや俺もわかんないです」と2人して困惑する中、東京で発生したもうひとつの事件が明らかになって……。

前回から大幅にスケールアップした今回の事件に、ネット上では「今回も面白すぎる」「物語も構成も深さがすごい」「連ドラ化してしほしい」と好評の声が。手毬唄の歌詞や村の地図をもとに、真犯人を考察するコメントも相次いだ。

次回11月15日に「名探偵津田」完結編が放送される。

PICK UP