広瀬アリス“佐弥子”、安藤政信“日向”から美術館に誘われ浮足立つ

公開:
広瀬アリス“佐弥子”、安藤政信“日向”から美術館に誘われ浮足立つ

広瀬アリスが主演、道枝駿佑なにわ男子)が共演する火曜ドラマ『マイ・セカンド・アオハル』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第3話が10月31日に放送、民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

本作は、やっかいな問題を抱えた30歳の主人公が、謎の大学生の一言をきっかけに学び直しを決意して大学生となり、令和の大学生たちに揉まれながら恋に、勉強に、夢に奮闘するセカンド・アオハル・ラブコメディ。現在TVerでは、第1話、ダイジェストなどが配信中。

先週放送された第2話では、小笠原拓を演じる道枝の癖のある字体がドラマ内で披露され、「道枝フォント」がXのトレンド入り。ネット上では「かっこいい拓くんから道枝フォントが出て笑ったw」「道枝フォントがドラマに活かされてるw」「ニヤニヤが止まらん」といったコメントが上がっていた。

<第3話あらすじ>
白玉佐弥子(広瀬)は小笠原拓(道枝)と桂山キイナ(伊原六花)が付き合っているのではないかと疑っていた。

そんな中、サグラダファミリ家(潮海大学のシェアハウス)では拓のコンペ入賞を祝う酒盛りが行われる。そこで佐弥子は拓から、キイナとの関係を打ち明けられる。

ある日、佐弥子は長年使っていたラップトップを壊してしまい、日向祥吾(安藤政信)に家事代行アルバイトを紹介してもらうことに。しかし、バイトに夢中になるがあまり夏休みの課題は滞り、コンペの準備も全く進められずにいた。そんな佐弥子を見かねた日向は休日、美術館に誘う。「これはデート!?」と浮き足立つ佐弥子は、完璧なデートエディションで待ち合わせ場所に向かうが……。

さらにお盆でみんなが帰省する中、シェアハウスに2人きりになってしまった佐弥子と拓。2人はひょんなことから言い合いになってしまう。

PICK UP