二宮和也“勝呂寺誠司”は天樹勇太!?中谷美紀“桔梗”は逃げる彼を追いかけ…

公開:
二宮和也“勝呂寺誠司”は天樹勇太!?中谷美紀“桔梗”は逃げる彼を追いかけ…

二宮和也中谷美紀大沢たかおがトリプル主演を務める月9ドラマ『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第4話が、10月30日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

今作は、人々が思い思いに過ごすクリスマスイブの1日が1クールかけて描かれる、謎と愛と奇跡の物語。それぞれ別の人生を歩む3人の男女の物語【逃亡編】【地方テレビ局編】【レストラン編】が並行して進んでいき、次第に運命の交錯を果たす。なおTVerでは、超豪華キャスト17名が登壇した9月23日開催の制作発表会見のダイジェストを限定公開中。

先週放送された第3話は、勝呂寺誠司(二宮)の過去が徐々に明らかに。誠司が自分の同窓生の“天樹勇太”だと確信した倉内桔梗(中谷)は、調べるうちに彼が大学3年生の夏に家庭の事情を理由に退学していたことを知る。

<第4話あらすじ>
殺人事件の現場となったクリングル号記念公園に戻った勝呂寺誠司(二宮)は、「横浜テレビ」の報道キャスター・倉内桔梗(中谷)と遭遇する。桔梗は誠司のことを「天樹勇太」と呼び、大学の刑法ゼミで何度かあったことを伝える。それに対して誠司は、何も思い出せないと返し、自分のことを勝呂寺誠司と呼ぶ奴らもいる、と告げる。するとそこに、巡回中の警察官がやってきたため、逃げ出す誠司。桔梗は、誠司の後を追いかけ……。

一方、冷蔵庫の電源が入っておらず、食材をダメにしてしまったことに気付いた老舗レストラン「葵亭」のシェフ・立葵時生(大沢)は、ソムリエールの竹本梅雨美(桜井ユキ)やギャルソンの蛇の目菊蔵(栗原英雄)、アルバイトの細野一(井之脇海)と手分けして、近所のスーパーから食材を集めようとする。ただ、メインとなるウチワエビだけはスーパーにないため、近くの老舗レストランに分けてもらわなければならなかった。だが時生は、その役目を頑なに拒否する。実はそのレストランのシェフとは先代のころに「葵亭」で一緒に修行をしていた仲だったが、ソリが合わなかったらしい。

桔梗は、他のスタッフには内緒で事件に関する放送の準備を進めていた立葵査子(福本莉子)に逃亡中の容疑者に会ったことを伝え、過去の事件などを洗って「スグロジセイジ」という名前がないかどうか調べるよう指示するが……。

画像ギャラリー

PICK UP