向井理“孔明”、宮世琉弥演じるラッパー・KABE太人を仲間に誘う!?

公開:
向井理“孔明”、宮世琉弥演じるラッパー・KABE太人を仲間に誘う!?

向井理が主演を務めるドラマ『パリピ孔明』(フジテレビ系、毎週水曜22:00~)の第3話が10月11日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

原作は、累計発行部数160万部突破の「ヤングマガジン」(講談社)にて現在も連載中の大人気コミック「パリピ孔明」(原作:四葉タト、漫画:小川亮)。中国三国時代の天才軍師・諸葛孔明(向井)が現代の渋谷に若かりし姿で転生し、歌手を目指す一人のアマチュアシンガー・月見英子(上白石萌歌)のために、魔法のような作戦を考えては、彼女の前に立ちはだかる壁を軍師のごとく切り崩し、成功に導いていくサクセスストーリー。劉備役で出演するディーン・フジオカが、ナレーションも担当する。なお現在TVerではアニメ版も配信中。

先週放送された第2話では、孔明が作った喉に効く煎じ薬を飲んだインディーズバンド・JET JACKETのRYO(森崎ウィン)らメンバーの声が“ええ声”に。その声を声優の梶裕貴が担当していたことがネット上で話題になっていた。

<第3話あらすじ>
超大型音楽フェスサマーソニア」への出演を宣言した月見英子(上白石)だったが、出演の条件であるSNSでの「10万イイネ」の獲得にまったく自信が持てない。諸葛孔明(向井)は強力なラッパーを仲間にする計略を明かすが、それだけでは10万イイネ達成には足りないと言う。英子は何が必要なのか教えを乞うが、それは自分で見つけるしかないと突き放す孔明。

その頃、アルバイトを終えて帰路につく一人の青年(宮世琉弥)がいた。フードをかぶってフリースタイルラップを呟く姿を見て、周囲の人が「ラッパーのKABE太人じゃね?」と気づき始める。その声が広がるにつれ胃が痛くなり、逃げるようにその場を立ち去るKABE太人。

英子はアルバイトの休憩中にスーパーアーティスト・前園ケイジ(関口メンディー)のドキュメンタリーを見ていた。作詞・作曲・振り付けまで全てを一人でこなすケイジに憧れる英子に、オーナーの小林(森山未來)は「もっと手本になるアーティストがいる」と告げる。英子は助言を求めてミア西表(菅原小春)の元へ。ミアは英子を食事に誘い「本気で食べてく気あるなら、いつまでもカバー歌ってちゃダメなんじゃない?」とアドバイスを送る。

一方、自宅アパートで洗濯をしていたKABE太人は洗濯機が壊れていることに気づいてコインランドリーへ。そこにはジャージ姿の怪しい男・孔明がいて……。

画像ギャラリー

PICK UP