『みなと商事コインランドリー2』草川拓弥“湊”、ついに言えた「俺とシンは付き合ってるんです」西垣匠“シン”はカメコと化す!

公開:
『みなと商事コインランドリー2』草川拓弥“湊”、ついに言えた「俺とシンは付き合ってるんです」西垣匠“シン”はカメコと化す!

すべてがいい方向に動いている! 8月16日に放送された『みなと商事コインランドリー2』(テレビ東京系、毎週水曜24:30~)の第7話は、英明日香(奥智哉)と佐久間柊(稲葉友)のモヤモヤした仲が進展。さらに湊晃(草川拓弥超特急)はシンこと香月慎太郎(西垣匠)との関係をついに佐久間孝之先生(福士誠治)に報告する。

柊と明日香の関係は一歩前進

いまだに明日香とうまく話すことができない柊は、どうすればいいかをいとこの佐久間先生に相談することに。交際スタート時は「ただそばにいるだけでいい」関係だったが、今はそれが難しい。

昔から柊と明日香は桃太郎とお付きみたいに一緒にいた。まだ小学生の明日香が泣いていると、柊が隣にきてロリポップキャンディをあげる。そんな思い出もあったよう。

ちょっと待って、明日香がキャンディをいつも舐めているのはこの淡い思い出からだったのか。明日香にとってキャンディはきびだんごだったのだ。これは一生付いていくしかない。

しかも柊は、今でも明日香が悲しい時にいつでも手渡せるようにポケットにキャンディを入れている。これ、黒柳徹子システム(黒柳さんは玉ねぎヘアの中に飴を忍ばせていて、時折子供に手渡している)じゃん!

『柊の部屋』も始まるのか? ということで、柊は明日香とやっと膝を突き合わせて話すことに。問題は柊が明日香に抱いたモヤモヤした気持ちだ。もちろんそれは嫉妬。それゆえにずっと明日香のことを考えてしまっていた。

居酒屋で佐久間先生は「柊くんは明日香くんのことが大好きなんですね」とナイスな言語化をしてくれた。柊はもう自分が求めるものが桃太郎とお付きの関係ではなく、対等な恋人関係なのだと認識できたはず。これは大進歩だ。

湊、ついに佐久間先生に恋人を紹介!

同居はシンの家のリフォームが終わるまでという契約のシンみな。それが終了するまで、あと3週間。「今からでも期限延ばしませんか?」というシンのおねだりは視聴者全同意。シン、いつのまにか上目遣いというワザまでそつなくこなしている。

でも、なし崩しにせずに約束は守るのが湊。相変わらず頑固だ。そこでシンはバイト代でカメラを購入。何気ない湊の日常をたくさん撮り溜めすることに。せめてこの甘い生活をデータフォルダに保存しておきたい、あわよくば日常的に湊のことを眺めておきたいのだろう。

湊の写真はシンにとっては、どんなものでもかわいくて永久保存。アイドル撮影会のカメコと化す。いっそ動画を回すことをおすすめしたい。

せっかく買ったならどこかにでかけて別のものを撮れと言う湊は、自分が墓穴を掘ったことにすぐ気づく。だってシンが行きたいのは温泉なのだから。カップルにとって温泉デートはあこがれ。でも、情事展開を想像すると湊は恥ずかしくてたまらない。寝室だってまだ別のままだし。

しかしめげないシン。商店街の福引きでなんとか一等の温泉旅行を当てようと明日香と共闘する。そういえば一等は、ペアではなく4名分のチケットだった。なんなら柊がすでに当てていてみんなで行く展開なのでは? と思っていたけど、ちゃんと自力で手に入れる作戦だったのか……健気すぎる。

シン不在の夜が続き、一人で晩ごはんを食べる湊。一緒にいすぎる相手が急にいなくなると寂しいもの。同居が終わったらその寂しさに湊は耐えられるのだろうか。それにしても一人でもちゃんと一汁一菜を自炊する湊、偉すぎる。土井善晴先生リスペクトか?

次の日の夕方、コインランドリーで湊はうたた寝をするシンを発見する。置いてあるシンのカメラで思わず寝顔を撮ってしまったのは、シンが湊に対してカメラを向けるのと同じ気持ちのはず。

湊の膝を枕にするシンに、周囲を警戒しながらも受け入れる姿には湊の成長も感じられた。この幸せは誰かに邪魔されていいものではない。他人の目を気にする必要なんてないのだ。湊はなにかを決意したよう。

それは自分たちの関係をしっかりと示すこと。そのためにシンに水泳部の手伝いを頼んでいた。そして湊はついに佐久間先生に「実は俺とシンは付き合ってるんです」と宣言する。

横目でその顔を眺めるシン、言葉にならない表情だ……。シンにとっては湊の初恋相手に宣言されたことへの嬉しさもあっただろう。

それに対しすぐに「お似合いのカップル」だと返せる佐久間先生の懐の深さよ。「ずっと二人のことを応援している」って、最高の応援団長だ。

手を繋いで帰路につく二人。祭の日に他人の目を気にして離してしまった手が、再び繋がった。さぁ次週は温泉回。ダブルデートの行方はいかに?

(文:綿貫大介)

PICK UP